ペドロ・コスタ監督の映画「何も変えてはならない」は、フランス人女優の歌手活動を追ったドキュメンタリーで、アルバム制作のスタジオの場面に、プロデューサーなのかギタリストなのか、小太りのおじさんが出てくる。




おじさんが出ているのはほんの数秒なのに、「あ、私、この人が死んだらすごく悲しい」と思った。おじさんのことは何も知らないのに、妙な感想だけれどそう思った。稀にそういう人がいる。  


e0138627_17533670.jpg

渡邊博さんもそんな一人だ。「新潟絵屋・砂丘館の回顧展に載せるオレの回想」を読んで、ほんの数回メールをやりとりして、そう思った。 さらに、「オレの回想」の前半は、30代で放浪した北海道、しかも道東での出来事について書かれており、道東出身の私は驚き、一気に親近感を覚えた。


e0138627_18274871.jpg
e0138627_18300907.jpg

個展のチラシに使用する絵の撮影のため、「息子を抱く自画像」と初めて対峙した。1969年に描かれた絵から発せられる熱量に気圧され、“生”の絵が発するエネルギーのすごさを思い知った。そして、道東出身のロックバンド、eastern youthが、佐伯祐三さんの「立てる自画像」をジャケットに使ったアルバムを思い出し、誰かが渡邊さんの自画像と出会い、絵に負けないかっこいいアルバムを作って、そのCDがいろんな人に届けばいいと思った。ぎゅっと拳を握るくらい強く思った。


e0138627_17461107.jpg
e0138627_17513287.jpg



草餅のような「沈思を厭う」と桜餅のような「挑戦する黄泉」を受付に並べて掛け、二階座敷に展示している佐藤家の雛人形みたい!と喜び、応接室に掛けた「やさしい斑紋」が部屋の雰囲気にとてもよく合っていることにまた喜ぶ。控え室の「圓變」と座敷・床の間の「着飾ったせいきまつ」はなんだかガンダムみたいで男子が好きそう、と渡邊さんには言わないほうがよさそうなことを思いながら、いよいよ展示作業はギャラリー蔵の二階へ。


e0138627_17500913.jpg


2013年に描かれた「行く末」、2017年の「懊悩」の前に身を置いたら、これまでの感想が吹っ飛んでしまった。 渡邊さんがテーマに用いた今昔物語集も往生要集も読んだことがない。けれど、渡邊さんが内面へ深く潜り、旅して、目の前に差し出してくれたものは、私の立っている地平の延長線上にあると思った。





渡邊博という人の、壮大な旅路とそこから持ち帰られた風景に触れ、絵を初めて見た夜は、興奮のあまり、歩きながらうれし泣きしていた。そんなことは久々で、生まれて初めて展示作業に関わった個展が、渡邊博さんの回顧展であったことを、本当に幸運に思っている。 (あ)


[PR]
2/17-28
佐藤美紀さんのプロフィールには、「油彩に深く心酔し、技術と身体の完全なる合一を夢見る」とあります。
今回も画材は油彩。
紙に油絵の具で描くことに挑戦したのでした。
紙の反応を受け手を動かしたその成果が、壁を埋めています。
作家は、描き止めることが難しかったと言います。
e0138627_17322079.jpg
e0138627_17323530.jpg
e0138627_17331096.jpg
e0138627_17335985.jpg
e0138627_17342356.jpg
e0138627_17473225.jpg
e0138627_17350548.jpg
e0138627_17351514.jpg
e0138627_17352525.jpg
e0138627_17355042.jpg
e0138627_17360945.jpg
e0138627_17361856.jpg
e0138627_17344963.jpg
紙は画用紙と和紙(大沢)。
ここから画用紙。
e0138627_17463527.jpg
e0138627_17371761.jpg
e0138627_17435926.jpg
e0138627_17373828.jpg
e0138627_17333904.jpg
e0138627_17445934.jpg










[PR]
# by niigata-eya | 2018-02-20 18:00 | 今月の土壁
ちいさなお子さんと暮らす、四人家族のTさん宅の居間。
絵・藤原祥
e0138627_18402942.jpeg
e0138627_18404866.jpeg
家が完成した頃のようす
e0138627_12281511.jpg
絵屋で展示した時の絵のようす
e0138627_12341908.jpg
e0138627_12354626.jpg
家に絵をお納めし、絵が家でときを刻みはじまりました。
絵は暮らすひとの毎日の背景で、家族に共通の、いつもの風景をつくります。
(I)

[PR]
2/2-14
清水伸さんの個展は、1991年から2017年までの26年間の作品で構成しています。
e0138627_16343318.jpg
e0138627_16343751.jpg
「いろは」「自然」と画面に描かれた作品は、「夜の五合庵」シリーズ(2014-2017)。
良寛の書の美しい線をストライプの上にのせたかったといいます。
白く抜かれた部分は紙の白。
e0138627_16450471.jpg
「夜の五合庵」シリーズの「道白雲」(2017)。
サイズだけでなく、青の色合いが異なります。
e0138627_16343680.jpg
左「コックピットのオーロラ」2014
右「出撃の前夜」2011
e0138627_16343899.jpg
広島に原爆を落とした戦闘機が出撃する前に、もう1機、10数人が乗り込んだ飛行部隊がいた。
乗組員たちは、任務を遂行せずに、逃避行し、ある土地に上陸する。
不時着した先で、若者たちはオーロラを目にしたのだった。
これは、清水さんの想像で、その若者たちのひとりひとりをこれから描いてみたいのだと話している。どうしてこのような絵を描きたくなったのか。
e0138627_16390882.jpg
e0138627_16393316.jpg
2月9日のギャラリートークのようす。
終わってからも、話はつきません。
e0138627_16433592.jpg
e0138627_16440610.jpg
「コックピットのオーロラ」は、戦争に子を送り出した母親の視点で描いたといいます。
e0138627_16344107.jpg
1991年の作品。朝日新聞歌壇俳壇カット連載の原画。
e0138627_17315598.jpeg
2006-2007のドローイング
e0138627_17343335.jpg
夜の五合庵シリーズ「一二三」

良寛の作品をモチーフに選んだのは、フランスに長く住んでいて、外から見る日本や新潟を常に意識するうち、次第に興味が深まり、良寛の生き方や言葉に共感し、それを伝える自分なりの方法を見つけたのが、今回の「夜の五合庵」だったといいます。

今回は、同時期に、新津美術館羊画廊で清水さんの作品をご覧いただけます。
新津では、佐渡の杉を色鉛筆で写実的に描いた新作や、「出撃の前夜」のように抽象的で美しい色パズルの大作があります。
羊画廊と絵屋とを両方見てくださる方も多く、羊さんでは3人展なので、別な作家との組み合わさりから見えてくるものがあります。
(I)





[PR]
# by niigata-eya | 2018-02-12 17:26 | 今月の土壁
1/22-30
*作家在廊予定日:1/26.27.28
e0138627_18180415.jpg
上「prayer」2018
「daydream」2012
e0138627_18184203.jpg
上「fact」2016
e0138627_18215279.jpg
上「蜉蝣」「feeling」
e0138627_18224165.jpg
上 「eye」2018
「夢想」2018
e0138627_18194098.jpg
上 左から「死と少女のエチュード」2017
「白い記憶」2018
「横顔」2018
e0138627_18230816.jpg
e0138627_18232417.jpg
上 左から「escape from fuss」「line of sight」
右「boarder line」
e0138627_18235257.jpg
上「earth」2018

清田悠紀子さんは1977年新潟市出身の画家。
新潟では初の個展です。
新年に突入してまだ間もないですが、2018年の制作となっている作品が9点あります。

*1/26(金)18:30〜清田悠紀子展ギャラリートーク「人物画を描くこと」

e0138627_17375555.jpeg





[PR]
# by niigata-eya | 2018-01-22 18:46 | 今月の土壁