人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「信田さんの新作では以前のストロークが消え、セーブされた筆の動きが、筆の向かう方角でなく、周囲ににじみのような広がりを作り出している。ストロークを基軸とした仕事の延長とも見えるが、新しい何かを迎え入れようとしているようにも感じる。」

これは2005年に信田俊郎と田中幸男の2人展を新潟絵屋で企画したとき、案内状(絵屋便)に書いた文の一部だが、「ストローク」という言葉で、信田と田中の組み合わせを思いついたことが語るように、2000年代初めまでの信田の絵の筆の動きは、かなり直線的で、スピード感があった。

しかし今回の近作に顔を近づけて見えてくるそれ(筆の動き)は、もっとくねくね、ぐるぐるしていて、とてもストロークとは言えない。こういう筆の運動がいつ頃から出てきたのか。
ともあれ、そのくねくねやぐるぐるが、画面全体に拡散していかないのは、それが画面に浮遊する方形内での動きにほぼとどまっているせいで、グリッドから抜け出て遊動を始めた方形は、このぐるぐるやくねくね(不定方向の蠕動的な筆の動き)の容れ物になっている。
容れ物に目を近づけると、くねくねやぐるぐるの、素早さの中にもさまざまな変化をはらんだ動きとともに、塗りつけられる色に複雑な濃淡が生じており、ことに「淡」の部分からは、下に塗られた色がはっきりと透けて見える。つまりクレーがかなりデジタルな手法で実現した地色と重ねられる色の同時鳴動が生じているのであって、それがグリッドならぬ遊動方形の、見かけの平坦を、色彩的な奥行き(対位法的効果)よって揺るがせ、絵全体の中で一所に固定されない、顫動する光の板のように感じさせる効果が生まれている。

e0138627_23075098.jpg

アルバースには「正方形賛歌」というシリーズがある。
アントン・エーレンツヴァイクは、形と色彩対比の関係を論じながこのシリーズに言及している(『芸術の隠された秩序』)。
それによれば、形は強くなればなるほど、色彩対比を抑制する。アルバースは正方形の画面内に大きさの違う正方形を入れ子状に配することで、形の主張(強さ)を最小限に抑え、微妙な色彩同士の対比効果を最大限に引き出そうとしたのだと、エーレンツヴァイクはいうのだが、信田の方形も、方形の画面中の方形であることや、もともとはグリッドという線状の形の隙間という「弱い形」であることと、「光の場所」と題された息の長いシリーズにおける色彩の探求には、浅からぬ相関関係があるのだと感じられる。
近作の幾つかの絵では方形の輪郭が揺れるような線でなぞられたり、輪郭が意図的にぼかされるような処理がなされているのも面白い。
e0138627_22113153.jpg
探求とは、到達点のない、あるいは無限遠にある道を行くことを言う。
色、形、筆触(筆の身振り)というシンプルと言えばシンプルなもの同士の関係(相互影響)という領野には、そんな無限遠が潜んでいるらしい。
一つ一つの絵は一つの全体でありながら、部分でもあるという信田の言葉は含蓄が深い。

たまたま、今読んでいる『縄文の思考』(小林達雄)の縄文時代のモニュメント(巨大遺構)についての説明が、そんな信田の制作を連想させる。

「…未完成というのは完成を待たずに中断した結果の、見た目に映るままの中途半端な状態を示すのではなく、幾世代にもわたる工事期間中において刻々と変化し続けてきた形態の静止状態を示すだけなのである。完成の途中経過でもないばかりか、未完成のいちいちは、それぞれが完成した未完成なのである。完成をただ目標とするまでの未だ到達していない未完成というのではなく、年々歳々工事が継続する限り、刻々と変化する形態そのものが厳然たる完成であり、その完成は、次の完成までの未完成である。その静止状態は、もはや不動の存在としてあることにおいて、その時点でのカタチが外見上において未整然であっても、決して意味なしとはしないのである。…」

(O)











信田俊郎の新作展が、ギャラリーみつけで始まった。

e0138627_17174367.jpg
去年は「グリッドから」というタイトルでの近藤あき子との2人展が砂丘館であった。
今回はどれもそれ以降に描かれた大作で、彼の近年の旺盛な創作力を感じさせる。

e0138627_17214816.jpg

新潟日報の「展覧会へようこそ」で、今回の展示を企画した外山文彦も書いているが、近作の油彩ではグリッド(格子)そのものは消え、縦長の四角形たちが独立して動き出したような感じがある(その傾向はかなり以前からあった)。


e0138627_17190534.jpg
それにしても、信田俊郎の絵が、「色」をめぐって描かれるようになったのはいつからだろう。
少なくとも、それが見る側(あるいは私)にはっきり感じられるようになってきたのは、2000年代に始まった水彩の制作からだった。
私は信田のグリッドへのこだわりを、「こだわり」と感じ、むしろある種の「つまらなさ」を感じてきたので、彼の水彩画展を企画したときも、グリッドが透けて見える絵は、たぶんあまり選ばないようにした。しかし、その水彩制作からも、グリッドの影は、消える気配はなく、近年の水彩はむしろグリッドへの強い回帰が感じられる。
油彩にいたっては、彼のグリッド志向は、もはやまぎれもない。
信田の絵の基本スタイルになってきた。確立されてきたとも言ってよさそうだ。

e0138627_17190097.jpg
ただ、そのグリッドは、前記のように、グリッドというより、グリッドが縁取る方形の集合のというか遊動体のようになってきていて、今回の新作群では、その「遊動感」が大変際立って感じられる。以前にもまして。

e0138627_17180009.jpg
あまりカタカナ名の美術家と比較は不得手というか、気が進まないのだけれど、今回信田の絵を見ていて思い出した名前があった。パウル・クレーとアルバースという画家である。
1986年に新潟市美術館でのクレーの晩年の作を中心にした展示を担当したとき、クレーの絵についての研究書を随分読んだ。その一冊にクレーの絵と音楽を論じたものがあった。クレーは「対位法」音楽を愛していた。対位法とは異なる旋律が同時に進行する音楽である。音は透明だから重なることができる。しかし絵の具(ことに油絵の具)は基本不透明だから、音楽のように重なりあうことが難しい。
クレーは絵で対位法的世界を生み出すことに腐心した。「パルナッソスに」という有名な絵があるけれど、その本ではその絵が、クレーの対位法絵画探求の到達点として紹介されていた。
そこでクレーはまず、方形による色面絵画を描き、その四角の上からモザイク風の点描で、別の色面を重ねた。下の色面(旋律)と点の色面(旋律)が見るものに同時に見える。そのような「色彩対位法」を編み出したとその著者は書いていた。「パルナッソスに」という題は有名な対位法音楽の教則本の題でもあったという。
e0138627_17212906.jpg

そのことをどうして思い出したかを書こうと思ったが、時間切れでここまで。
アルバースのことはまた。

(O)