<   2019年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0138627_18554225.jpg
e0138627_18533717.jpg
e0138627_18550378.jpg
e0138627_18551344.jpg
e0138627_18560175.jpg
e0138627_18561744.jpg
e0138627_18561114.jpg










「北宋絵画を見る様なすばらしい山水。まさに絶品の作です。プライマリーな現代ではまれにみる東洋的な世界。すごいの一言につきます」
 山下誠一さんの写真展会場に置いてある感想ノートの言葉。

e0138627_12100964.jpg
山下さんの「妙義山」を撮影した数点の写真を見たとき、私も、実物を見たことはないが、中国の水墨画の全盛期の作として紹介されたものを思い出した。

具体的には台湾の故宮博物院にある范寛の「渓山行旅図」や郭熙の「早春図」などで、昨年秋に新潟絵屋でのセミナー「日本絵画の展開」で講師の武田光一さんが写真を映写し、中国絵画の頂点として熱く語られていた印象がなまなましい。

その写真の印象を言葉にすれば、細部にいたる精緻な表現に加え、暗部のトーンの異様な濃密さ、豊かさということになる。

e0138627_12110081.jpg

山下さんの妙義山の写真にもそれがある。
写真だから細部にいたるまで精密なのは当然だが、それに加えるに暗部のトーンのなんともいえない豊かさ。そしてカラー写真なのに、そのトーンのぶ厚い厚みに色が融溶して、暗さへ向かって目を深く差しこんでいくと、奥にそれ(色)がマグマのような状態でひそんでいることに気づく。

e0138627_12105599.jpg
ある写真ではその暗部に、ほとんど筆で墨を散らしたとしか思えない斑点が見える。
別の写真では与謝蕪村の「夜色楼台図」のように、墨の上に白いなにか(胡粉?)を散らしたような部分もある。
目を近づければ近づけるほど、写真的な精密と絵のような濃淡の形に出会う。

e0138627_12111300.jpg
最初期の写真家タルボット(トルボット)は、カメラを通して現れる画像に驚嘆して「自然の鉛筆」とそれを読んだという。

山下さんの写真を見ていると、写真は「自然の墨筆」だ! と思えてくる。          (O)


八木なぎささんと話していると、
その声の平らさに気持ちが穏やかになっていく。
八木さんの以前の絵は、火山が煙を吹いていたり、強い色彩もあったりと、
けっこうドラマチックだった。

e0138627_17310431.jpg


近作のリトグラフの作品は、左右対称の<鏡のなかの風景>という言葉が浮かぶような、細長い画面が多い。
昨夏の東京ではそのような作品だけで構成したということだが、
今開催中の新潟での展示では、その対称の片割れだけでひとつの作品となったものもある。

鏡のなかの風景から、その鏡をそっと外したような感じ
と書けばいいだろうか。

e0138627_17314012.jpg


鏡は世界を映し
その平らで静謐な平面によって、熱い世界を鎮める。
目を近づけると、
仮想の箱のような空間に広がる、黒い霧の奥には、
やはり火山や波浪や地割れが起こっている気配が感じられるのだが、
それは鏡によって鎮められ、
またその鏡の撤去によって
宙に放り出されたような浮遊感を帯びている。


e0138627_17320187.jpg

e0138627_17435495.jpg


絵屋の格子戸から差す、曇り日の光がゆっくりと薄れ、
消えていく。

穏やかな八木さんの声のなかに、
展示室が浮かんでいるような心地がする。

(O)