宇梶静江展

9/22-30
e0138627_18174526.jpg

e0138627_1818117.jpg

e0138627_1818529.jpg

宇梶さんの刺繍絵作品のほかに、宇梶さんが針をさしたベストやタペストリー、詩集も紹介しています。左は伝統的な着物。背中の刺繍のデザインもすばらしいです。
そしてもうひとつ、今回紹介しているのが、イナウプロジェクト
・・・イナウ(写真右側)はアイヌの伝統的な祭具です。一本の木の棒からすべて削り出した美しい形はカムイ(神)への供物。イナウをカムイに捧げ、祈ることで人間は思いや願いをカムイに伝えます。イナウはカムイ・モシリ(神の国)には存在しない手先の器用な人間(アイヌ)だけが作りだすことのできるもので、カムイは人間から捧げられる以外にイナウを入手することはできないと言われます。

今も北海道でさまざまな差別を受け、生活に困窮するアイヌの人々を支援するため、宇梶静江さんは、このイナウと碗、盆、イクパスイ(カムイに酒を捧げる箸)を注文制作でお届けするプロジェクトを、今回発案しました。
会期中にご注文いただければ、約2ヶ月ほどでお手元に一式をお届けいたします。注文は新潟絵屋で承ります。

お届けするアイヌの祭具一式
イナウ 3種
碗 盆 イクパスイ(捧神箸)
* すべてアイヌの男性による手づくり、手彫りです。
プロジェクト支援金 55,000円

e0138627_18251447.jpg

▲「幸せを運ぶカムイチカプ」2015年 5.5万円〜

今回も、神の鳥がチーフになっています。
宇梶さんのお手紙には、
「創作の過程では、とても幸せな気持ちでつくらせていただきました。」
とありました。
前回は、作品をつくることは命を削るようだとお話しされていたのが印象的でした。
前回も今回も、お手紙から伝わってくるのは、だれかに幸せを届けたいという気持ち。
e0138627_1826160.jpg

e0138627_18263216.jpg

▲「岩かげに遊ぶ」2015年 6万円 

9/25.26には、北区でイベントがあり、宇梶さんがいらっしゃいます。
https://www.facebook.com/UpopoRimse
また、今回は北区のてんゆう花さんと同時開催です。
そちらではアイヌの刺繍を差した日用品(ティッシュケースとか、はちまき!も)もの、宇梶さんの絵本などを紹介しています。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2015-09-22 18:37 | 今月の土壁