はるまち最終日

はるまちの最終日、のこすところあと1時間。
展覧会の最終日はいつもさびしいものだ。
e0138627_15401561.jpg

▲森敬子「無題」 
これが素描で、4人で構成された1点の絵が、2人ずつの2作品になった。
もうひとつは「おはよう」
e0138627_15404690.jpg

e0138627_15443992.jpg

左・森敬子「ボールなげしないか」 右・西巻茅子「窓」
グループ展では絵のお隣関係づくりが面白い。
e0138627_1553229.jpg

▲右 長尾玲子「だんご」
e0138627_1613818.jpg

▲左→右 西巻茅子「窓」 菅野くに子「花香る」 渡辺リリコ「トウ菜の頃」 
e0138627_15474773.jpg

▲野中春花「sentence」
はるまちでの出品作品中、写真は1点だった。
「sentence」は不思議と障子戸との相性がよかった。梅の背景には路地。
絵とともに写真を見てみて、自分の目を疑った。
見慣れた景色が写し取られていても、こんなにもいろんな色が見えているとは。

もうすぐ春。
作品たちの合宿が終ろうとしている。
24点にどんな交流があったのだろう。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2015-03-20 16:21 | 今月の土壁