人気ブログランキング |

今月の土壁2011.7②

「長谷川徹展」(2011.7.12-20 於:新潟絵屋)

土壁はほんのりと黄金色に輝いて見えます。
(O)

土壁の作品:「星辰」(アクリル/ベニヤ板)
格子戸の作品:「WORKS」(アクリル/パネル)
e0138627_1432564.jpg

オープン前に消灯し、もうひとたびうっとりする。
e0138627_14323917.jpg

e0138627_14334437.jpg

「WORKS」(2011年の作品)
e0138627_16441752.jpg

「WORKS」(2009年)

開廊。
e0138627_14161489.jpg

e0138627_14163917.jpg

e0138627_144835100.jpg

*長谷川さんは会期中、何度か画廊にいらっしゃる。
予定:7/12(火)、15(金)、17(日)、19(火)、20(水)

15日には5人の中学生が職場体験に来る。
数年前から毎年2年生を受け入れているのだった。
昨年もはやり長谷川さんの展覧会会期中であった。
その折、絵を描くのにどのくらいの時間がかかるのか尋ねられ、
「描くのはあっという間だが、描く前と後に時間をかけている」
と長谷川さんはお答えになった。
心に残る言葉だった。

質問はわたしにも届く。
今年の質問
「どうしてこの仕事につこうと思ったのですか」
「一番オススメの絵は何ですか」
「接客のコツなどはありますか」
「どんな人が向いていますか」
「特に力を入れていることは何ですか」

長谷川さんとみなさんにお会いするのをたのしみにしている。
(I)
by niigata-eya | 2011-07-12 15:23 | 今月の土壁