人気ブログランキング |

今月の土壁2011.5②

arara・大桃沙織
(2011.5.12-20 於:新潟絵屋)

作家在廊日:5/15(日)
おふたりともいらっしゃいます。


初日の閉廊後。
araraさんの化粧白磁の板皿が土壁に掛かりました。
e0138627_2251442.jpg

araraさんの陶と、大桃さんの鍛金。
e0138627_16492492.jpg

e0138627_22592486.jpg

e0138627_1611344.jpg




夜が明けて、明るい日が差すと、araraさんの陶の白の白さが見えてきました。
e0138627_14384796.jpg

e0138627_14391954.jpg

e0138627_16164590.jpg

今回のararaさんの作品は、表面に釉薬のヒビが入っており(貫入)、使い込むほどに風合いをたのしめるそうです。
araraさんはそれを「育てる」と言葉にしていたのが印象的でした。

わたしたちが2008年から使ってきたararaさんのカップ(写真・下)は相変わらず元気です。
このたびの新作から湯のみを選び、新たに店で使わせていただくことにしました。

わたしの耳にも、新たに大桃さんの素敵な魔法をかけてもらい、張り切ってブログを書いているところです。(アクセサリーはほかにもいろいろあり)
e0138627_15413922.jpg

e0138627_16141070.jpg


球作りに熱中していた大桃さんだった。
作品は不思議度が高いものが多く、時折小さく悲鳴を上げる人がいる。

araraさんの合子は、蓋を開け、閉めるときに「かぽっ」と言い、
大桃さんのは「チーン」と鳴る。
そのような他愛もない時間が好き。
そのような時間をふたりから分けてもらっている。
(l)
by niigata-eya | 2011-05-13 16:53 | 今月の土壁