人気ブログランキング |
原田健一さんが新潟大学に赴任して来られたのは何年前だったろう。
もう10年にほどになるだろうか。

夢の中で倫理が生まれる_e0138627_19261714.jpg

大学で「地域映像アーカイブセンター」というシステムを立ち上げ、新潟や近隣の県に「眠って」いた数多くの映像(写真)をインターネットで検索し、見られるようにするという、大きな作業には目を見張らさせた。

原田さんがいなかったら、角田勝之助という存在にも出会えなかった。

貴重な体験をいただいた。

夢の中で倫理が生まれる_e0138627_19264467.jpg

その原田さんが、ご自身でも「映像」作品を制作されていたことを、会話の端々で知った。
それを「展示」できないかと思った。

毎年冬に砂丘館の蔵ではmikkyozの新作を紹介している。
今年はその拡張版として、もう二人の人の映像を紹介してみることにした。その一人に原田さんをお願いした。
(もうひとりは現在上映中の大川景子さん。)

夢の中で倫理が生まれる_e0138627_19260859.jpg
夢の中で倫理が生まれる_e0138627_19261557.jpg

mikkyozと同じような10分程度の映像をひとつ、じっくり見せてもらえたらというほどのイメージでお願いしたつもりだったのだが、
原田さんは、とても大きくこの話を受け止めてくださったようで、
これまでの映像のDVDを次々届けてくださったばかりでなく、
砂丘館全館に、自分のコレクションと近作の写真も展示したいという提案もいただいた。

では、そうしましょう。
と、いうことで、2階座敷を含む全館<原田映像&コレクション&写真展>になった。
映像は蔵の1階で今年になって編集が完成(一応)した「夢の中で倫理が生まれる」を、2階ではモニター画面にこれまでの映像作品を3つのプログラムで上映する、という、なんだか<原田健一全集>とでも言うべき内容にまで膨らんだ。

会期中、原田さんの希望で、若い頃から交流があったという堀川久子さんに会場で踊ってもらったが、
その途中で、なんと原田さんもパフォーマーとして闖入し、観客をびっくりさせる一幕もあった。


夢の中で倫理が生まれる_e0138627_19263494.jpg
夢の中で倫理が生まれる_e0138627_19263073.jpg
夢の中で倫理が生まれる_e0138627_19265149.jpg
夢の中で倫理が生まれる_e0138627_19262266.jpg

原田さんの旧作群の共通点を一言でいえば「多動な映像」。
カメラが基本的に固定されたmikkyozとは、ま反対の映像群だった。

カメラは、動くは、反転するは、揺れるはで、目がまわる。
でも、そうして何日も、ちょっとずつ、付き合ううち、
その「多動」に、自分の目や身体が、いつしか慣れてきて、
なんとなく自然に共振するようになった。
全映像を(多分)見た堀川久子さんが「私、これ…なんか好きかも…!」と、叫ぶように、ささやくように、言ったけれど、

同じような感想が、私にも生まれていた。

夢の中で倫理が生まれる_e0138627_19264009.jpg


そして最終日。

夜の8時過ぎ……もう1時間で、会期が終わるという時刻に、蔵の一階に行った。
誰もいない。

前日までは何人かの熱心な観客がきていたが、このときは無人だった。

そこで「夢の中で倫理が生まれる」と、初めて、という感じで突然向き合った。
もちろん、何度も見てはいたが、主催者という立場は、なかなかフラットな気持ちで展示物を見られない(見にくい)ところがある。
このときもその主催者心から、最後の「記録」を撮ろうとカメラを手に、シャッターを押しながら映像を見はじめたのだが、見ているうち、なぜか、不思議な感情の高揚を覚えていることに気づいた。

夢の中で倫理が生まれる_e0138627_19263830.jpg
夢の中で倫理が生まれる_e0138627_19263671.jpg

「夢の中で倫理が生まれる」はアイルランドの詩人イエーツの詩にある言葉だそうで、
映像では原田さん自身によるささやき声での
イエーツの詩の朗読が流れる。

アイルランドの島を訪れて撮影したのは20年以上も前の1990年代半ばだったという。
その後、ある人の写真を組み合わせた編集を構想したが、
それが頓挫し、
そのあとずっと未編集のまま放置されていたものを、
今回の展示のためにあらためて編集してまとめたものだと聞いた。


夢の中で倫理が生まれる_e0138627_19264245.jpg


この人の「多動」が、ここでは、すこし違ったものになっている。
映像・編集ともに、ある「抑制」が加えられているのだ。

以前の作品をたっぷり見たあとで、それがはっきりわかる。
多動と抑制という、異なる方向の力が、二人の相撲取りのように互いを押しながら、丸い土俵をゆっくり、重く、ずり動いていくような感じ。

何かがわかったような気がした。

何とそれをうまくは名指せない。が、
あえて言葉にすれば「ひとりぼっちが聞こえる」とでもいうような、そんな感覚を覚えた。

草や、木や、石垣や、突然現れる牛や、崖、海、波浪や陽光などの映像が、
水や、雲雀や、波や、風の音が、
ただの美しい自然の映像や音源であることを越えて、地鳴りのような振動となって、身体の底を響かせる。
映像を取り巻く壁の写真や、二階から降るように聞こえてくる里国隆の歌声が、その轟きに入り混じり、混淆乱舞を始める。

まるで、不思議な嵐のなかにいるような気持ちになった。

夢の中で倫理が生まれる_e0138627_19261194.jpg

このとき限りの、まったく不思議な体験だった。
(O)



# by niigata-eya | 2020-02-23 09:00 | 砂丘館
食べもの、飲みもの、着もの、履(はき)ものという言葉があります。

「みるもの」は「見るもの」。

私たちの周囲は「見えるもの」でできています。「見えるもの」は、それだけでは、まだ「みるもの」ではありません。花を見、何かを感じた時、花は「みるもの」になります。
感じが「いい感じ」なら、それは「いいみるもの」。(「いい」は「きれい」「ここちよい」「おもしろい」という以上の意味を含んでいます。)
「美術」とは「いい見るもの」 となるべく、人の作る「みるもの」のこと。
「いいみるもの」には、場所を「よいところ」 にする力があります。(「よい」は「調和している」と「合っている」「いい雰囲気だ」という以上の意味を含んでいます。)

いい「みるもの」とよい「ところ」。それらを「いい」と感じる 「わたし」が歩いたレポートです。
# by niigata-eya | 2019-10-30 00:00
新潟絵屋があるのは上大川前通り10番町。同じ町内のちょっと下手にある「理容ふじ」に日暦が置いてある。3ヶ月くらいの間隔で、そこに髪を切ってもらいにいくと、いつも勧められて座る椅子(通り側)のまん前に、その日の日付が見える。
すっきり_e0138627_19253356.jpg
店内はいつもさっぱり、すっきりしている。店主のSさんもいつも白い服に、折り目のついたズボン姿で、髪もすっきり(聞けばご自分でカットされるそう)。ごちゃごちゃしたところにある日暦も、よいけれど、すっきりした場所にある日暦も、気持ちよさそうだ。(О)

昨年の暮れ、華雪さんの「日暦」を手に入れた。



たたずむ日_e0138627_07532735.jpg

それ以前から気にはなっていたのだが、どうせなら年の初めからという気分だった。

日暦のいいところは、自動的に、知らない間に、日々が過ぎていかないところだ。

暦を繰ることを忘れたら、ずっとその日にとどまっている。

矢のように時間が過ぎてゆき、デジタル時計や電波時計のように狂いなく機械的に時に流されるより、

淀んで、時に立ち止まった方がいいのではないか・・・

10月の個展のタイトルは「Stand Still」。

おまえ、本当に見てるのか? そんな自戒の意味も込めて。


*新潟絵屋で秋に個展を開催される安藤喜治さんが、ご自身のフェイスブックに書かれたもの。

 ご了解をいただいて転載しました。


日暦は茶の間に置いている。
この日付の景色が、昨年もすきだと思った。
今年の七月七日は日曜日。
いちにち家でのんびり過ごした。

寝る前にいつも日付をつぎの日にする。
また来年、七月七日。
七月七日_e0138627_22075279.jpeg
(I)