津田真帆展では、津田さんが挿絵を手掛けた本も手に取ってご覧いただけます。
e0138627_08250702.jpg
出品作品をもうすこしご紹介します。
e0138627_08254726.jpg
「影」2017

e0138627_08261600.jpg
左「湖」 右「飛び抜ける鳥」 ともに2017

e0138627_08264735.jpg
「飛び出す」2016

会期中に、とあるお客様が、バケツいっぱいに花を差し入れしてくださいました。
e0138627_08454405.jpg

e0138627_08463641.jpg
津田さんの絵のように元気な菜の花とルッコラ。
そして、
春の嵐が、入口の電球をあたらしい形に変えていきました。
e0138627_08525247.jpg

e0138627_08550416.jpg
ガラスの囲いがなくなり、
わー
っと、元気な姿があらわれました。
(I)


[PR]
# by niigata-eya | 2017-04-19 08:22 | Comments(0)
ある日、砂丘館を訪ねると、蔵へとつづく廊下に津田真帆さんの水彩画を見つけ、立ち止まりました。
太陽みたいな絵。
太陽の方を向く植物みたいに吸い寄せられ、光合成が起こるように作用して元気になる絵です。
(I)
e0138627_14463700.jpg

e0138627_14485519.jpg


[PR]
4/12-20
e0138627_19183910.jpg
e0138627_19190733.jpg
e0138627_19192201.jpg
手前「新しい陽」
e0138627_19194785.jpg
左「飛び出す」右「投影」
e0138627_19200578.jpg
e0138627_19202644.jpg
e0138627_19213144.jpg

「来訪者」「草の群れ」「空に向かう」
e0138627_19204305.jpg
e0138627_19210002.jpg
「水のある窓辺」「白い花」「影」「じっと座る」「遠慮深い花」
e0138627_19223090.jpg
左「飛び抜ける鳥」右「小さな花」
e0138627_19224935.jpg
左「ふたつの軸」右「対話」

まずは全体をご紹介しました。
近影の写真をまた来週アップします。
ひるもよるも、絵はそのものがひかりをもっているように眩く、自然と元気になります。
(I)





[PR]
4/2-10
e0138627_00215633.jpg
e0138627_00230944.jpg
「いばらとおどろ」2016〜2017 ミクストメディア/紙
タイトルは荊と棘に由来する
e0138627_00234369.jpg
e0138627_00240770.jpg
e0138627_00242995.jpg
e0138627_00245578.jpg
e0138627_00253014.jpg
e0138627_00260399.jpg
e0138627_00262277.jpg
e0138627_00270746.jpg
e0138627_00273568.jpg
e0138627_00280782.jpg
e0138627_00321426.jpg
e0138627_12232907.jpg
↑「未来の石」
e0138627_12220312.jpg
e0138627_12235541.jpg
↑「いばらとおどろ」2017
e0138627_12251159.jpg
e0138627_12265509.jpg
↑「光あれよ」2017
e0138627_00222087.jpg
↑左「未来の石」 右の3点「いばらとおどろ」

これまで
2016年4月
2011年3月
2010年3月
二人展も

中島さんの話はいつも面白い。
世界は昼からはじまるのか、夜からはじまるのか、という話や、
「絵はすごく動かないからいい、動かしたくて描いているようなところがあるし、だから動物だったのかもしれない」という言葉もあった。










[PR]
# by niigata-eya | 2017-04-05 00:29 | 今月の土壁
ついでにもう一つ図の話をしましょう。

…この上のほうは陽性、あるいは世間的には積極性と言ってもいい。

外向的で、自意識が強く働く世界です。ラインの下側はそれとは逆の陰性の世界。

消極性であり内向的で、こちらはいわば無意識につながりがちとも言える。

この両方は誰の中にもあるんです。どっちが優勢かというだけです。



社会に出て会社なんかの組織に入ると、一般的にはこの上のほうの性質が尊重される、というか奨励されるでしょう。

「お前、もっと人と付き合えよ」とか「もっと陽気に、活動的にやろうじゃないか」
とかね。

ふつうどんな人間にも陰性と陽性と両方あるんです。ふだんは…はっきりと理解したり、自覚したりはしないだけなんですね。

なぜかというと、社会に出て働いている時期には、たいてい意識は外に向いているからです。

他人にどう思われているのかとか、こうしたら徳になってこうしたら損をするとか、自意識が外に向いているのが普通なんですね。



ところがどんな人でも、たまには自分一人でいたいなと思うときがあったりする。

あるいはたまには自然のなかに一人入ってみたいとかね。

そういうときには心の下の部分が働いているんです。

それを無理やりずうっと押し殺していたりすると、心がアンバランスに陥ってノイローゼになったりするんですね。

この上と下というのはどちらが良い悪いではない、バランスの問題なんですよ。…

―引用『タオにつながる』2003年,加島祥三



砂丘館でとりあげる作家や作品に、ある一つの方向性があると気づいたのはいつの頃だろうか。

ずいぶん前のことになるので忘れてしまったけれど、

うまく言語に直すことができるのだとしたら、きっと上に述べられているような<内向性=無意識>を主体としたものなのだろう。


そのような、ひとりひとりが過ごす世界・時間のことを、梅田恭子さんは「自己宙」と呼んだ。
e0138627_08590567.jpg





e0138627_09002780.jpg





ひとりひとりの人間の存在は「粒」。

昨年、砂丘館で開催した梅田恭子展「ツブノヒトツヒトツ」はその、梅田さんという「粒」のサンプルなのだという。



自己の中の奥深くとつながること。

そこを開かされるような発見や探求を、どのような形でか、目に見える作品や事象にあらわす事。



時代や場所も超えて、奥深くでつながれるような作品は、

奥深くへ潜った場所からしか生まれて来ない。


―そのようなことを、梅田恭子さんの「自己宙」という言葉と、

ツブノヒトツヒトツという作品に出あってからこの一年、ずっと考え続けていた。

e0138627_09001472.jpg

e0138627_08594357.jpg




e0138627_06064423.jpg


e0138627_06065480.jpg


e0138627_06082324.jpg




e0138627_06081229.jpg


砂丘館の個展までは、具体的なタイトルの作品も、
抽象のかたちで描いてきた梅田さんが、

今年の新潟絵屋の展覧会では、具象画を描いている。



e0138627_06083242.jpg



梅田さんにはあの個展のあと、どのような変化があったのだろう。

梅田さんのあたらしい世界にまた会える。

(小)



【終了しました】梅田恭子展 ツブノヒトツヒトツ
2016年 2月16日(火)~3月21日(月・休)
9時~21時 休館日:月曜日(3/21は開館)
会場:砂丘館ギャラリー(蔵)+一階全室
主催・会場:砂丘館


[PR]
# by niigata-eya | 2017-03-25 09:20 | 砂丘館