蓮池もも「家族」を、とある方がお買い上げになり、子育て応援施設「ドリームハウス」さんへ寄贈されました。6月24日(土)午後、絵のお届けと設営に行って参りました。

e0138627_22255932.jpg

とてもあたたかな雰囲気の場所でした。
日除けの網をかけたお庭は陽射しが柔らかで、お砂遊びのこどもたちがたのしげでした。
e0138627_22333855.jpg
e0138627_22340780.jpg
縁側の赤ちゃん落下防止の柵に、いつかだれかの絵。

いくつかのお部屋があります。
絵はどこに掛けよう?
代表の新保まり子さんと相談して、小さい人も大きい人もよく見えそうな、よい場所が見つかりました。
押入れを改装したドリンクバーコーナー脇の壁で、子育て関連の情報書棚上、テーブルがあるくつろぎの空間です。
e0138627_22355892.jpg
e0138627_22263676.jpg
ドリームハウスさんが、この絵のお家になりました。


おまけ
壁に穴を開ける絵画用フックも持参しましたが、いつか場所を変えることも想定し、金具を木に取り付け、ワイヤーで掛けることにしました。
その場合、絵が左右に傾いたり、拝みやすくなります。そんなときの対処法の一例です。
e0138627_22424504.jpg
1.紐を掛ける金具にワイヤーを通します。
e0138627_22431657.jpg
2.さらに、ワイヤーを固定するためネジ止め。
こうして、絵は左右に傾かず、よい姿勢が保たれます。
(I)

[PR]
2017年6月16日
新潟絵屋は17周年を迎えました。
その夜、ささやかなお祝いと、これからの絵屋に望むことをお聞きする集いを企画しました。
e0138627_16591944.jpg
e0138627_18343034.jpg
e0138627_18311706.jpg
e0138627_18320523.jpg
e0138627_18324150.jpg
e0138627_18334870.jpg
e0138627_18350781.jpg
すこしずつひとが集まりました。
会員の方や、創設時のスタッフ、むすびや百さん、画家の井田英夫さん、大倉にインタビューをしてくださった月刊ウインド編集部の市川明美さんがいらっしゃいました(月刊ウインド2017年7月号掲載)。
スタッフルームに映し出したのは、10周年の折りに、反画工房さんがまとめてくださった新潟絵屋の10年間の活動記録。
それ以降、さらに7年のときを重ねました。

早18年目に突入して、半月。
ときは刻々と巡ります。
この間、毎年更新してくださる会員の方々に加え、新たな出会いに恵まれ、法人賛助会員に数社からお申し込みいただきました。

これまでを振り返る時間を経て、これからを見つめることができました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

新潟絵屋

[PR]
6/22-30
e0138627_17573958.jpg
e0138627_19045722.jpg
e0138627_17583488.jpg
e0138627_19022097.jpg
e0138627_17585663.jpg

e0138627_17593089.jpg
e0138627_19035479.jpg
e0138627_18001701.jpg
銅。
自然光が注ぐ空間にしました。
e0138627_19004002.jpg
e0138627_14555493.jpg
e0138627_14561293.jpg
e0138627_14562724.jpg
日が長くなりました。
閉店してからゆっくり暮れていくさまも美しかったです。
e0138627_19064140.jpg
e0138627_19012403.jpg
よるは、上大川前通を車が通ると、縦縞が空間を走りました。
e0138627_19055175.jpg
e0138627_23093194.jpg
6/23.30 夜間営業。
どちらも、夜風がここちよい日でした。
作家とお客様の交流の機会に。
外から見える絵屋がきれいでぱちり。
e0138627_15060997.jpg
e0138627_19144783.jpg
夜間営業では、差し入れのお酒を鍛工舎さんの器でたのしみました。
会期中は冷やしたオレンジピールフレーバーの紅茶をおもてなしでお出ししていましたが、器のよさに美味しさが増し好評でした。いりこは広島県呉市音戸からの差し入れ。
e0138627_19160462.jpg
渡邉和也さんとは、会期中に、鎚起銅器の職人であり作家でもあることの難しさや、こだわり、2015年の新潟絵屋での個展の振り返りや、ギャラリー炎舎さんとのエピソードなどをお話ししました。会期中には、うれしいニュースも公表されました!(I)


[PR]
# by niigata-eya | 2017-07-02 18:00 | 今月の土壁
6月上旬、
とあるお宅を訪問しました
e0138627_17134577.jpg
2010年発表の作品
e0138627_17141545.jpg
e0138627_17143060.jpg
「山の眼」
2016年「あお/あか」シリーズを発表時の1点
e0138627_17144691.jpg
「浦島太郎」
2013年「物語の中の主人公達2」(ギャラリ―枝香庵)に出品されていた作品。
e0138627_17150556.jpg
2012年の作品
みな、蓮池もも作品です。

今年発表の新作が、こちらのお宅のコレクションにさらに加わることになりました。
e0138627_21142228.jpg
「山の水」

どんな風に山の水が加わるのか、いつかまたご紹介できたら、と思います。(I)



[PR]
6/12-20
ようこそ、2017年6月の蓮池もも展へ。
e0138627_16412523.jpg
e0138627_16420233.jpg
「山の水」
「タラチネ」
e0138627_16423842.jpg
e0138627_16443802.jpg
右「赤い実の茂み」
e0138627_16495835.jpg
e0138627_16504722.jpg
e0138627_16511468.jpg
「黒い獣」
e0138627_16514009.jpg
「乳」連作
e0138627_16563532.jpg
「光る石」
「透きとおる石」「あけぼの」
e0138627_22010555.jpg
「ちいさな子」
e0138627_16572515.jpg
左「暗き心」
e0138627_16575160.jpg
e0138627_16564916.jpg
e0138627_16433750.jpg
右「うつくしい沼」 左「あかい石」
e0138627_16431100.jpg
「花を食べる」
e0138627_16440756.jpg
左 「山の庭」
今回の個展で最後に描かれた作品でした。

6/17よる ギャラリートーク
聞き手は企画者の大倉宏。今回は人物が1点(「山の水」)で、いくつかの絵に動物が登場しました。そして、印象的だったのが、赤と青の色、にじみ、2006年の初個展以来繰り返しあらわれてきたえん錐のようなかたちが今回も…。
大倉は、トークのためにふたつのアイテムを用意していました。ひとつは、旧作の「けもの」。緊張感が張り詰めていた時代の蓮池さんの絵でした。「けもの」と再会した蓮池さんは、すこし考えて、いまの自分には描けない、それがさびしくもあり、清々しくもあると静かな口調で言われました。もうひとつは、作詞・谷川雁、作曲・新実徳英「卒業」音源と歌詞のプリントでした。二番の歌詞に「なぜけもののわかさはつらいのか」とあります。この曲に耳を傾けました。さまざまな年代の方にご参加いただいたギャラリートークでした。
e0138627_21294520.jpg

季刊俳誌『白茅』14号から、蓮池さんの画とエッセイの連載「森の奥 湖の底」がはじまりました。
最新の15号に今回出品の「乳」が掲載されています。
e0138627_22021039.jpg
(I)

[PR]
# by niigata-eya | 2017-07-02 17:07 | 今月の土壁