1月13日は、ギャラリーみつけでトークイベントを行いました。

アンティエさんはドイツのゴールドベルグという町に住んでいらっしゃいます。
今回は、イーゼルの上にアンティエさんのお席をつくりました。
e0138627_08224175.jpeg
e0138627_08241568.jpeg
これまでの作品の変遷を、画像で紹介しました。
※上の写真は、新潟絵屋が解体移築する前の、オープンして間もない頃の外観です。
e0138627_08291489.jpeg
上:夜曲
e0138627_08303189.jpeg
上:Looking Inside
このときは、卵や石に描いた作品もありました。
e0138627_08324648.jpeg
トークは新作の「Dance of the Elements」に囲まれて。
e0138627_08361706.jpeg
e0138627_08363981.jpeg
e0138627_08370316.jpeg
e0138627_08372604.jpeg
e0138627_08375978.jpeg
e0138627_08385531.jpeg
e0138627_08391862.jpeg
この「Dance of the Elements」は、シリーズ1とシリーズ2で構成されており、描かれた順に作品を並べました。
作品にはそれぞれナンバーが振ってあるのです。
一点一点を描いた順に見たり、全体で見たり、組み絵で見たり、さまざまな見方ができます。
105点の中でいちばん惹かれる一点を探そうとすると、悩ましくたのしく、何巡もして、ときを忘れました…。

シリーズ1とシリーズ2の移ろいも面白いです。
シリーズ1と2の間には、「no number」があります。
e0138627_08505825.jpeg
左側の壁面の左から三列目、上から二段目がno number。
その左側の赤い絵がシリーズ1の最後
左側の壁面の左から四列目、上から二段目が、シリーズ2の最初です。
no numberは、シリーズ1の終わりなのか、シリーズ2のはじまりなのか、謎めいた一枚です。
e0138627_08582047.jpeg
「Dance of the Elements」絵巻の一部
e0138627_08592676.jpeg
e0138627_09010702.jpeg
e0138627_09030186.jpeg
最後に大きな新作を見せていただきました。
トークは日本時間14時からでしたが、ドイツでは朝の6時。
墨絵の「黄金山の日記から」に登場するアンティエさんのお家の早朝の実写映像を見ることができました。
e0138627_09095281.jpeg
e0138627_09102078.jpeg
現在の暮らしを絵と言葉で綴った「黄金山の日記から」と抽象画「Dance of the Elements」。
今回、ふたつの展示室でご紹介しています。
アンティエさんによると、「黄金山の日記から」は外側の、「Dance of the Elements」は内側の日記とお話しされ、深くうなずけました。
e0138627_09260288.jpeg
e0138627_09195088.jpeg
e0138627_09262845.jpeg
1月13日は雪が降りました。
ドイツも寒いことでしょう。
冬の間も、黄金山の川べりでは、毎夜うさぎたちの宴会が開かれているのでしょうか。
e0138627_09233843.jpeg

[PR]
1/12-20
2018年最初の展覧会は、記録的な大雪とともにはじまりました。
e0138627_09015219.jpeg
e0138627_09020791.jpeg
e0138627_09022601.jpeg
e0138627_09024541.jpeg
e0138627_09025844.jpeg
e0138627_09032246.jpeg
e0138627_09034644.jpeg

初日は大雪に見舞われましたが、
街全体がデコレーションケーキのようになって、おめでたい景色でした。
e0138627_19141867.jpg
雪灯りに照らされて、作品は一層美しかったです。
e0138627_19152545.jpg
e0138627_19153817.jpg
e0138627_19162308.jpg
e0138627_19163463.jpg
コーヒーを画材のスパイスにして描いた新作でした。
とても和む、そして香り高い内容の展覧会でした。

いろんな場所に出かけては、あのひとのあの絵が合いそうだ、などと考えてしまいます。
今後もいろんな場所で三瓶さんの絵を思い出しそうです。
「あのときのあの絵をもう一度見たい」
そのようなお問い合わせは、お気軽にお寄せください。
(I)

[PR]
# by niigata-eya | 2018-01-10 09:00 | 今月の土壁
アンティエ・グメルス展を、1/21までギャラリーみつけにて開催中です。
今回はふたつの展示室を使い、ふたつの世界をご覧いただけます。
新潟絵屋で昨年10月に発表し好評だった絵日記風の「黄金山の日記から」と、日本では初公開となる、以前の光の絵の延長にある抽象画「Dance of the Elements」。
どちらも、ひとつの旅のようにお楽しみいただけます。

「黄金山の日記から」
e0138627_11043714.jpeg
お話のはじまりはアンティエさんの姿も描かれたお家の外観から。
e0138627_11071817.jpeg
e0138627_11144057.jpeg
e0138627_11122841.jpeg
e0138627_11085404.jpeg
e0138627_11181509.jpeg
e0138627_11165155.jpeg
e0138627_11173299.jpeg
Dance of the Elements」
100点あまりで構成されるシリーズです。
e0138627_08343050.jpeg
描いた順に展示しました。
e0138627_08363749.jpeg
e0138627_08390513.jpeg
「Dance of the Elements」は、中盤で、シリーズ1からシリーズ2へ移ろいます。
ひとつずつ順に、全体で、シリーズ毎に、といろんな見方ができます。
e0138627_08442238.jpeg
e0138627_08450513.jpeg

e0138627_08473632.jpeg

展覧会に寄せてメッセージをいただきました。
「黄金山の日記から」では、絵やお話を運ぶ、アンティエさん自身が綴った日本語がまた魅力的です。

今回は、NHK新潟放送局さまにも取り上げていただきました!
(I)


[PR]
新しい一年がはじまりました。
e0138627_07582347.jpeg
2017年の暮れは、日暦の臨時受け渡しのための臨時営業をしたり、納品に行ったり、NOB CRAFTアトリエ(亀田にあります)で日暦の仕上げ作業を行なったりしていました。
e0138627_08023305.jpeg
臨時受け渡し所
通りすがりの方も立ち寄ってくださいました。
背景の「森」も華雪さんの書。
e0138627_08031107.jpeg
e0138627_08254910.jpeg
e0138627_08285301.jpeg
日暦受け渡し所は、12/21.22.26.27の4日間限定でした。
e0138627_08050617.jpeg
クロワッサンの店さまへ納品後のようすを見に伺うと、日暦の台座と同じ、スノービーチ材を使用した犬の置物と一緒にご紹介いただいていました。
そして、店に飾るしめ縄飾りを作っていただきました。
e0138627_08081224.jpeg
e0138627_08083858.jpeg

NOB CRAFT Homemade Furnitureアトリエにて
e0138627_08304304.jpeg
台座は新潟県産のかつては木炭などに活用されていたブナ材「スノービーチ」を使用。
一枚ずつ木目が異なります。
上の写真は仕上げ材を塗る前。
下は塗ったもの。
二回塗り、二回やすりをかけます。
e0138627_08360139.jpeg
台座の切り込み挿し、カードの背もたれにするアクリル板を、側面を私たちがやすりがけしています。
e0138627_08363297.jpeg
面取り
e0138627_08351616.jpeg

大晦日もいろいろ作業があり、一部のメンバーが集まりましたが、それらを終えて、近くのこんぴら神社へ参拝に。
おみくじを引いたら、 Nさんは大吉、Iさんは中吉、Oさんは半凶でした。
e0138627_08125276.jpeg
おめでたい大吉さんの掌に、おみくじのおまけの神さま人形。

それから、ご近所、鳥やすさんの絵が目に留まりました。
年末やお正月は、いろんなひとの絵と気持ちに接することができ嬉しいですね。
e0138627_08164524.jpeg
12月20日に日暦を発売し、新年がはじまり、日暦を実際に使用する方の声が届いてきています。
いつからでも使い始めることができる万年カレンダーですが、特に一年のはじまりの節目は、自分用に、プレゼント用に、と喜ばれました。
みなさんのお手元の日暦がある景色を、これから追っていけたらとあらたなたのしみが増えました。
(I)


[PR]
12.22から、ギャラリーみつけではじまる「アンティエ・グメルス展」の準備をしています。
抽象作品は105点の連作と、大作1点。
e0138627_04525526.jpeg
e0138627_04532743.jpeg
e0138627_04543748.jpeg
e0138627_04550478.jpeg
e0138627_04553317.jpeg
e0138627_04560279.jpeg
e0138627_04565069.jpeg
ここに、絵を入れていきます。

もうひとつ別な展示室には、墨絵とお話「黄金山の日記から」を展示します。
e0138627_05012512.jpeg
おたのしみに!
(I)

[PR]