e0138627_20551955.jpg

砂丘館でのコンサート。チェンバロ(八百板正己)とバイオリン(加野晶子)のデュオ。
まっすぐな感じのバッハの演奏を喜多村さんの風景「能生」が静かに見つめていました。
(O)
[PR]
# by niigata-eya | 2008-10-13 21:08 | 砂丘館
e0138627_2057140.jpg

同じ喜多村展会場で。
トリスタン・ホンジンガーの夜気を吸い込んで流れるチェロの低音に誘われるように、風景画「佐渡」から柔らかな風が会場に流れてきました。
堀川久子のひそやかで、激しく、滑稽で、生き生きとした踊りも圧巻。
窓の外は虫の音を埋め込んだ秋の闇。
(O)
[PR]
# by niigata-eya | 2008-10-13 20:59 | 砂丘館
新潟絵屋・階段下の一角。
仕事場なので雑然としているがお許しを。

左・森敬子「富士山」
中央・内海満昌
右・石原けいこ

山が並んだ脇には、植物があるモノクロームの写真。
e0138627_0472390.jpg

[PR]
先日、見るのが大好きな人と街を歩いた。
一緒にいたら、なぜか自然と街のそこここに目が留まり、度々立ち止まった。
「ほら、あれ」
「ほら、あれも」
と。
発見を報告し合ううち、その人が伝染ってきたように感じた。
誰かの感覚でものを見るのも面白い。

別な日、心に留まった作品を買い求め、部屋に掛けた。
写真中央:川合朋郎「トルソ」

うす暗い、ある日のこども部屋より
( I )




e0138627_15432049.jpg

[PR]
e0138627_8354325.jpg

建物の壁に残る窓の跡——「無用窓」ですね。なんだか噴水のようで優雅。(o)
[PR]