<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

明日(11/29)で終了する早川俊二展は、長野(6月)札幌(7~10月)と旅をして、新潟のあとは酒田(2016・1/5~26 酒田市美術館)に旅立つ。
e0138627_17014856.jpg

ほかの3会場は、どこも鉄筋コンクリート造りで、長野市の北野カルチュラルセンターは、天井もおそろしく高い大ホールで、その3階まで絵が並んでいた。

なので、絵が大きいなと思ったものの、実感がわかず、新潟に出品の絵はかなりしぼらせてもらったにもかかわらず、到着してから、その大きさにあらためてびっくりした。

e0138627_16271238.jpg
結局、大きな作品を数点未展示とした。

絵と絵の間をそれなりにあけて、砂丘館の建物と絵の関係を大事にしたいと思ったからだ。

蔵のパネルも大きな絵の場所ははずして、柱を露出させた。絵がパネルからはみだしそうだったからだ。
そうして絵をかけ終わって、ふしぎなことに気がついた。見慣れた柱がいつもと違ったように見えるのだ。

なぜだろう??

e0138627_16125397.jpg

長野の展示を一緒に見た砂丘館の<小>さんが、早川さんの絵の「しもふり」に引かれるという感想をもらしていた。しもふりは、明色や暗色、いろんな色が小混ぜになった様を言う言葉だが、パレットナイフで何度も何度も絵の具を重ねて生まれる早川さんの絵肌は、なるほど「しもふり」である。
ギャラリートークのとき、ちょっと点描のようでもありますね、と早川さんに言ったら、タッチが単調になる点描の欠点を話され、スーラは素描があんなに素晴らしいのに、油絵がつまらないのは、そのことと関係があると、目を開かされるような発言をされた。

早川さんのタッチは、たしかに、なるほど「点」ではない。

e0138627_16222758.jpg
e0138627_16213399.jpg

その点ではない「タッチ」に目を近づけて、思いがけずそこに「茶色」を発見した。

遠目では、あまり気づかなかった色だけれど、ほとんどの早川さんの絵には、茶色、または褐色が織り込まれている。
この褐色ー「茶色」が、どうやら淡い紫や青や灰色を、物の固有色から解き放つ作用をしているようでもある。
e0138627_16352434.jpg
e0138627_16265086.jpg
e0138627_16151382.jpg

そして、その褐色が、絵の外にまで波動を広げて、柱や、床や、木造空間のあらゆる場所にひそむ茶色ー褐色を共鳴・生動させているのだと気づいた。

しかも、建築後83年を経過した砂丘館の木部(主たる茶色部分)は、汚れたり、変色したり、さまざまに傷ついたりして、これまたどこも微妙で雑多な「しもふり」になっているではないか。

絵と建物にひそむ、茶色のしもふり同士が、ひそかに会話(チャット)を交わして、砂丘館をにぎわわせていたのだった。
e0138627_16182539.jpg
e0138627_16251984.jpg
e0138627_17010929.jpg


ちなみに…
褐色を茶色と言うのは、茶を染料として用いると、その色になるからだとのこと。

酒田市美術館の壁は大理石だという。
今度はどんな共鳴が起きるのだろう?
見に行ってみたい。

酒田市美術館
                                  (O)




[PR]
11/22-30
酒器展では、19人の作家にひとつずつのお膳で作品を展示しました。
e0138627_18133779.jpg

酒器 今宵堂
新潟絵屋の空間、お膳の寸法や形を意識して、みなさんがそれぞれに自分らしい形を考えた
19のお膳立てです。

出品作家(五十音順)
池田早季恵(陶/新潟県佐渡市)、池田脩二(陶/新潟県佐渡市)、酒器 今宵堂(陶/京都市)、荻間久美(陶/新潟県新発田市)、大高正嗣(新潟市)、大桃沙織(金属/新潟市)、大山育男(陶/新潟市)、押味くみこ(陶/新潟市)、坂爪勝幸(陶/新潟県胎内市)、澁田寿昭(陶/岡山県備前市)、斎藤ゆう(ガラス/山梨県北杜市) 、菅原洋(陶/新潟県弥彦村)、チャメ〈小川定信〉(新潟市)、田澤祐介(木工/神奈川県海老名市)、 平野照子(陶/新発田市菅谷)、村山耕二(ガラス/宮城県仙台市)、フジタヨウコ(陶/新潟県村上市)、山崎修(木工/新潟県阿賀町)、渡邉和也(金属/新潟県燕市)
○お膳は、割烹うをくら(新潟市東区)さまからお借りしました。
ここに御礼申し上げます。

e0138627_18203895.jpg

e0138627_18222248.jpg

▲チャメ
e0138627_18225569.jpg

▲田澤祐介
e0138627_1848633.jpg

▲村山耕二
右側の黒いガラスは、信濃川の砂を溶かして製作されました。
奥のうっすらと緑が入った片口は仙台の砂からできたもの。
お膳上でのキャンドルも美しいでしょうね!
e0138627_18255348.jpg

▲手前・渡邉和也 錫100%デできています。
奥のガラスは斎藤ゆう。銀彩が、お膳に合います。
e0138627_18275562.jpg

▲澁田寿昭 
備前。徳利とぐい呑みをお揃いにするとかっこいいです。
別な作家の作品と組み合わせを考えるのも、今回の魅力の一つ。
e0138627_18293736.jpg

▲池田早季恵
サイフォン式のからくりがあります。
お酒をたのしむ場をさらにたのしく、名傍役になりそう。
e0138627_1831752.jpg

▲手前・菅原洋 絵屋は菅原さんの酒器を湯のみとして愛用しています。
右隣の金ものは、大桃沙織。お酒のお供をよそるものも、お気に入りだと気合いが入ります。
e0138627_1833997.jpg

e0138627_18333769.jpg

▲大高正嗣「なまはげさん」
お酒のホルダーです。
吉川酒店さんの入口でお迎えしているあの人形は大高さん作。
e0138627_18205946.jpg

▲手前左・山崎修 手前右・大山育男
e0138627_18493127.jpg

▲平野照子

日が暮れて、行き交う車の数も減ったのか、風のうなり音がやけに聞こえてきます。
お酒がおいしい季節となりました。

ここでは全部紹介しきれませんでした。
11/30マデノ土日月にぜひ足を運んでください!
今回の企画のきっかけとなった今宵堂さんの書籍も、一角でご覧いただけます。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2015-11-27 18:51 | 今月の土壁
11/12-20
e0138627_14431966.jpg

e0138627_14435352.jpg

e0138627_14441293.jpg

e0138627_14443942.jpg

e0138627_14451341.jpg

新潟のとある風景。
しんとした時間が流れています。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2015-11-15 14:47 | 今月の土壁
11/2-10
前回は、木版画での個展だった厚地さん。2011年のこと。
長らく木版画で描いてきた厚地さんが、その後、ガラス絵を手がけるようになり、今回はガラス絵での初めての個展。
e0138627_1432428.jpg

e0138627_14325647.jpg

e0138627_14332038.jpg

e0138627_14333617.jpg

e0138627_14335638.jpg

e0138627_1434990.jpg

会期中は、厚地さんの絵の魔法とお人柄とで、とても和やかな雰囲気でした。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2015-11-15 14:39 | 今月の土壁