<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

生誕120年「西脇順三郎展 汝は汝の村へ帰れ」(9.27〜10.5/小千谷市民学習センター・楽集館)の、展示を新潟絵屋でお手伝いさせていただきました。
e0138627_1659422.jpg

e0138627_1704647.jpg

e0138627_1705842.jpg

e0138627_1731019.jpg

e0138627_1714596.jpg

今回は、小千谷の方々と一緒に作業をさせていただきましたが、西脇順三郎氏への敬意が感じられ、そのことが緊張感ある作業の合間に温かい空気を作り出してくれました。
別室では書や押し花帳の展示もあります。

会期:2014.9.27(土)~10.5(日)午前10時~午後6時
会場:小千谷市民学習センター・楽集館(小千谷市上ノ山4-4-2)

□イベント:10月5日(日曜日)午後1時~作品解説(美術評論家・大倉宏)
[PR]
昨日、西日が射す頃、エフスタイルさんへ行ってきた。
いつも、入口で長谷川徹「WORKS」(アクリル・板)が迎えてくれる。
半屋外のその場所で、絵は、光や風、ときに天粒を受けながら、生き生きと置かれている。
e0138627_160431.jpg

e0138627_1613254.jpg

新潟絵屋は、つい最近、絵を長くたのしむためのリーフレット(2014.9初版/下の写真)を発行し、無料配布を始めたところである。
そこでは、絵を掛ける場所として、紫外線が当たる場所は避けるようにお伝えしている。
どうしてもそのような場所に掛けたい時は、アクリルやガラスを、UVカット仕様のものに交換することをおすすめしたい。
e0138627_15581890.jpg

とはいえ、エフスタイルさんの「WORKS」は、とてもステキだ。
店内には、田中スナオ作品もなにげなく、わっぱ辺りに掛けられている。
(I)
[PR]
9/22〜30
e0138627_14572242.jpg

油彩と素描とコラージュ。
e0138627_1458211.jpg

e0138627_169133.jpg

連作の一部
左「breathing in the void」2013年 水彩 鉛筆・紙 18,000円
右 2013年 23,000円
e0138627_16125357.jpg

▲2013年 15,000円
e0138627_1591580.jpg

▲2013年 鉛筆・紙 シート15,000円/額付20,880円
けいこさんの作品には、時折うさぎが登場します。
e0138627_1522141.jpg

▲コラージュの連作「Tassajara」2013年 各25,000円
e0138627_1619081.jpg

近影。
e0138627_1562332.jpg

▲土壁の作品
左から「出会い」「集まるところ」「ここから・・・」
(2013年 油彩・板 35,000円/40,000円/40,000円)

最初に出会ったけいこさんの作品
e0138627_17281217.jpg

写真でした。
会期中、こちらの旧作もショップにて展示しています。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2014-09-24 17:32 | 今月の土壁
9/12-20
水彩画12点と墨絵6点。
e0138627_11392037.jpg

e0138627_11402535.jpg

e0138627_11414751.jpg

e0138627_11423672.jpg

e0138627_11435141.jpg

e0138627_11442237.jpg

e0138627_11441434.jpg

e0138627_11465459.jpg


色は違うけれど、単色のなかに、一瞬の風景がある。
タイトルはすべて「虹」(2013〜14年)。
(O)
墨絵 25,000円(額付)
水彩画40,000/45,000円

*作家在廊日:9/19.20
[PR]
by niigata-eya | 2014-09-17 12:03 | 今月の土壁
9.2-10
e0138627_12414296.jpg

手を広げ、深呼吸
するかのような作品たち。

ボックスに納められた作品は、ロックし、また開くことができます。
e0138627_1242586.jpg

e0138627_1412838.jpg

e0138627_1411959.jpg

はじめに、空を被写体とした連作ができ、「兵隊アリの行進」「ハリガネムシのゆくえ」「ピンク色の靴」などの作品ができていったと聞きました。
ボックス作品
2014年 写真/パズル/麻糸・綿・毛糸など 274×282mm
¥22,000

漆喰の写真「亡き王女のためのパヴァーヌ」
2014年 515×728mm 
¥32,000 

27枚からなる組み写真も。
e0138627_14121778.jpg

半間さんの展覧会の前は、写真展だったのですが、信号が変わりました。
半間さんは写真をひとつの材料として捉えていて、写真展とは違うのですが、
写真の可能性を考えているひとりです。
(I)
[PR]