<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「『洲之内徹と現代画廊』と2人の画家」展、後期は茨城県龍ケ崎市に生まれ、霞ヶ浦や利根川の風景を描いた画家・川北英司。
e0138627_19321841.jpg

e0138627_19322375.jpg

e0138627_96257.jpg

佐藤清三郎も川北英司も生まれ故郷に住み、その地を描き続けたという点で共通している。
1歳違いの2人の画家は、けれど、33歳で戦病死した佐藤清三郎に対し、川北英司は20代後半に結核療養のため画業を断念。
全く絵を描かない30年の後、50代後半になって制作を再開し、洲之内徹に出会い認められるという対照的な人生を送っている。
e0138627_961662.jpg

e0138627_965031.jpg

今回の展示でもう一つ、ふたりの画家を結ぶもの。
それが、洲之内徹が気にかけ、エッセイの題材ともしていた新潟郊外の潟(湿地)と利根川流域の内水面交通のこと。
(詳しくはDM内O氏の文章を参照→

水路や水辺、ゆたかな水に恵まれていた日本の、新興住宅街へと改造される以前の今はもうない自然の姿。
その貴重な記録としても特別ふたりの画家の絵は、実直に対象を見続けたまなざしの深さと郷土への慈愛のようなあたたかさを持っている。

絵とともに飾られた洲之内徹の文章を読み返してみれば、そのような、一枚の絵から描いた画家また画家の住む土地へと拡がる尽きせぬ深い興味と共感が語られる。
ただ自分の「眼」というものを頼りに、絵を見、ものを考える。
自分の視点に自信が持てず、周りの意見に惑わされそうな時、ひとの評価や名声でなしにただただ見つめ向き合い感じ入ることの大切さを、胸がしびれるような文章で説く洲之内さんは、はなはだすごい人だと、やっぱり思う。

ガイドの手を借り、少し遠くから眺めた川北英司の絵は、ほんとうに銀色の光を放って輝き揺れていた。
(小)
e0138627_19315233.jpg

「洲之内徹と現代画廊」と2人の画家
【後期】川北英司展

2014年5月14日(水)〜6月8日(日) 
9:00〜21:00 観覧無料 休館日:月曜日
[PR]
by niigata-eya | 2014-05-29 19:34 | 砂丘館
新潟市美術館で開かれている「洲之内徹と現代画廊—昭和を生きた目と精神」巡回展に合わせ企画された、砂丘館での「『洲之内徹と現代画廊』と2人の画家」展。
約2ヶ月にわたった会期も間もなく10日余りとなった。
前期は砂丘館の建物としては3回目となる、新潟市出身の画家・佐藤清三郎。
e0138627_19242925.jpg

e0138627_9115050.jpg

昭和初期、まだ堀や潟や路地が多く残る新潟の風景やそこに生活する人々を、おなじ一市民、無名の生活者としての視点から描いた。
今回の展示では、新潟の古地図とともに、清三郎の生きた時代の新潟をたどる試み。
往時を知らない世代も、知っている人も、その絵が描かれた時代を想うとき、また絵の深みも増して伝わってくるように思う。
e0138627_19245687.jpg

e0138627_9123227.jpg

清三郎の絵を見てあらためて感じたことは、絵はタイムカプセルのような力を持っているということで、描かれた風景や人やその気配から、空気の匂いや湿度、その時代にしかない時代の空気のようなもの、が、紙やキャンバスや絵具や絵の筆の質に、こもっていているのだなあということ。
経年変化のその変色や画材の変化も含めて、絵が語る“時”は、流れてきた時代と、そこにあった時代に見る人を誘う。

感想ノートには、美術館から流れてきたお客様が、「旅の最大の収穫は清三郎の絵に会えたこと」「佐藤清三郎の物を真摯に見つめる思い、絵に自分の全人生をぶつけようとする思いが伝わってきた」「絵が一つ一つ息をしていて語りかけてくるよう」などと書いて下さり、
描いた人の心情や精神までも含めて、描かれたもの(絵)には宿り伝わるものだと、思いうれしくなった。

実は、会場となった砂丘館のお屋敷も、佐藤清三郎の絵が描かれたと同じ昭和初期の建設で、
同じ時を経てなお残り古びてきた者同士が相乗して、洲之内徹も惹かれたひとつの時代の象徴としての空間を生み伝えてくれたのだと思っている。
(小)

「洲之内徹と現代画廊」と2人の画家
【前期】佐藤清三郎展

2014年4月12日(土)〜5月11日(日) 
9:00〜21:00 観覧無料 休館日:月曜日
e0138627_192509.jpg

e0138627_9155894.jpg

[PR]
by niigata-eya | 2014-05-29 19:25 | 砂丘館
5/22-30
e0138627_13175392.jpg

e0138627_13191891.jpg

e0138627_1325243.jpg

e0138627_13263588.jpg

土壁の作品が、展示室に広がった。
「Glacier」2014年 顔料・和紙
近づいたり離れたり、座って眺めてみたり。

スタッフルームは絵の裏側になっている。
絵の壁の向こうから、「おお」「え」などの声が聞こえてくる。
客足が遠のいて、絵の浦から展示室に飛び込むと、別世界を旅することができる。
e0138627_13223869.jpg

小さい絵は、広いところに繋がっている。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2014-05-27 13:53 | 今月の土壁
5.12-20
e0138627_161421.jpg

e0138627_12474579.jpg

e0138627_12491513.jpg

e0138627_1250684.jpg

新作は12点。「日色」のタイトル。
e0138627_162064.jpg

近年栗田さんが関心を寄せている良寛さんの、とある詩から触発されて生まれた新作です。
詩はこうはじまります。


日日日又日日

日日夜夜寒裂肌


(「地震後詩」良寛 ※冒頭を抜粋)

展示室の入口も、その言葉からはじまります。
(I)
e0138627_12544064.jpg

*作家在廊日:5/16. 18. 20
[PR]
by niigata-eya | 2014-05-17 13:06 | 今月の土壁
5/2〜10
e0138627_2349439.jpg

土壁の書 :小山素雲「超絶古今」 
手前の石彫:漆山昌志「花信風」
e0138627_23505842.jpg

e0138627_23512451.jpg

小山さんの今回の書は、高階紀一、井上靖、新村出の詩、万葉集、小林一茶の句、熊谷守一の随筆集タイトル(元は漢文)を選ばれています。
e0138627_235151100.jpg

e0138627_23521265.jpg

童の上に小山さんの書▼
e0138627_21331732.jpg

石像
忘れていることが憶い出されなければならないことが何かあるような気がしてくる おまえの顔を見ていると 遠い昔巨大な太陽の下を三騎竜や始祖鳥に追われ おまえのそばを走り抜けた時 ぼくは裸で 大切な約束でもしてきたようだ 高階紀一詩素雲かく
e0138627_21511142.jpg

今朝 
e0138627_2152309.jpg

e0138627_21523838.jpg

e0138627_21531642.jpg


5/8 書家の小山素雲さんが急逝されました。
会期中、毎日阿賀野川沿いに車を走らせ、信濃川河口の新潟絵屋に足を運んで、窓辺でお客様を迎えておられました。
ご冥福をお祈り致します。
5/11.12に、頼勝寺本堂(阿賀野市保田)にて葬儀が営まれるとのことです。
e0138627_21542781.jpg

(I)
[PR]
by niigata-eya | 2014-05-08 22:42 | 今月の土壁