<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0138627_21391129.jpg

e0138627_21392928.jpg

e0138627_1153955.jpg

△蔵 映像:遠藤龍、音響:山倉淳 
△蔵 写真:遠藤龍

たちどまりゆくもの
とおりすぎてゆくもの

いまいるわたし
かつていたわたし
いつかどこかにいるわたし

こことあそこ

記憶のこんせき
未来のむそう

あすもそこにある場所
いまはもうない場所

しびれるように、脳にしみこむ音がして

重なり、つらなり、

すべてのことは、ふりかえればみな同時に起こっている

(小)

●特別展示 mikkyoz 007
2014.1月21日(火)〜2月2日(日)
9時〜21時 月曜休館 観覧無料
会場:砂丘館・蔵(ギャラリー)

目の前で繰り返される物事から日ごとはぐらかされることに
ちょっとした嫌気を覚えながらも、
かろうじて身を寄せることができるのは映像などという不自由なものです。
自分の足下をとりこぼすことなく表現できる言葉を未だ知らない自分にとっては、
映像が世界からの引用である限りにおいてそこに身を寄せ、
見ることを始めるのです。
唯一向かい合えるのは状況という不確かなものではなく目の前の事物のみで、
それ故に、目の前から目を逸らしてはいけない。

見ることを始めるために。
(mikkyoz)
[PR]
by niigata-eya | 2014-01-28 21:36 | 砂丘館
1.22-30
土壁の作品:右「刻・点-A」 左「刻・点-B」
e0138627_15394985.jpg

e0138627_1541559.jpg

会場には、水色の作品が数点。水色は2013年制作のもの。
色の質感や点の表情がいい。
私たちは、WEBや印刷物、放送など、日頃いろいろなビジュアルイメージに満たされていますが、坪田さんの作品を見ると、目が覚める気がします。

▽詩画集『シムボルのない季節』より
装丁に近づけて、絵と詩を見開きのように展示しました。
e0138627_15415175.jpg

▽写真は金田弘さん
e0138627_15413750.jpg

坪田さんと金田(かなだ)さんの詩画集は、『シムボルのない季節』が3作目であったという。これ以前の共作『このいろをみよ』や、金田さんの詩集、随筆を会場にご用意しました。
金田さんが坪田さんの作品に、自身の詩作との共通点を見いだした、その金田さんの目を感じる展覧会になったような気がします。

坪田さんは1/25午後、新潟にいらっしゃいます。
夕方ならば絵屋でお会いできるかもしれません。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2014-01-23 16:13 | 今月の土壁
1.12〜20
e0138627_524525.jpg

土壁の作品:岡谷敦魚「遠方の丁字路」

▽両端の写真下平竜矢「星霜連関」
e0138627_551499.jpg

▽右から 小磯稔「露II」 長谷川徹「WORKS」
     峰村リツ子「猿」 信田俊郎無題
*はがきサイズの絵は、野中光正さんから届いた年賀状
e0138627_544474.jpg

▽普段は見えない格子戸の裏側 
 2011年に出現した片山健さんのこどもが、久しぶりに目覚めた。
 右・蓮池もも 
 左・信田俊郎
e0138627_5315292.jpg

井田英夫「洗濯ハンガー」
e0138627_12453526.jpg

旧作の「洗濯機」も友情(?)参加。
e0138627_12424493.jpg

▽左・蓮池もも 中央・信田俊郎
e0138627_5144673.jpg

日が暮れると、MAISON BOTTEGA GIRASOLEの明かりが一層美しい。
作品がまた光る。
e0138627_5143091.jpg

▽中央・しんぞう「Ceremony」(墨絵)
柿渋で染めた門出和紙に描いたシンボリックな作品。
e0138627_1511222.jpg

e0138627_15131997.jpg

私は、絵と過ごすひとの風景にうっとりとしていた。
期間限定で置いたカップボード(漆喰のコーナー)には、絵屋で愛用しているararaさんのカップや、下町の名物「ゆかり」などを納めた。
いまはまぼろし。
ものたちは定位置に戻り、ゆめのここちでいることだろう。
(I)
協力:BOTTEGA GIRASOLE,Nob Craft Homemade Furniture
e0138627_15194546.jpg

[PR]
by niigata-eya | 2014-01-23 15:24 | 今月の土壁
新年早々嬉しい出来事。
作者の井田英夫さんと、企画したOと3人で、Kさん宅を訪ね、絵と再会した。
e0138627_1648396.jpg

絵「窓辺の洗剤たち」2013年 油彩・キャンバス

玄関を入ると正面に位置する階段の、なか程に掛けられていた。
大きい作品なので、玄関の側面に掛けることをイメージしていらっしゃったそうだが、予定を変更してこの位置にピタリおさまったのだそう。
さまざまな高さ・距離感で絵を見られ、よい感じだった。
e0138627_16501325.jpg

e0138627_16504188.jpg

再会して、充電したような気分になる。
井田さんと私たち、みなそんな感じだったのではないかな。
(I)
e0138627_17164946.jpg

[PR]
新年あけましておめでとうございます
e0138627_16313782.jpg

日頃は本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
ブログでは、「今月の土壁」で、開催中の展覧会の様子をお伝えしています。
2014年一番始めの写真は、「heya展」(1.12〜20)準備中のひとこま。
初日までもうすこしお待ち下さい。

お部屋をイメージする空間で、昨年展示した作品をセレクト+再展示する試みです。
現在空間を改造中。
まだまだ<ピタリ>定まりません。
どうぞお楽しみに!

今年もどうぞよろしくお願い致します。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2014-01-09 16:43 | 今月の土壁