<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

7.22-30
e0138627_12325153.jpg

土壁の作品:「Drawing」
e0138627_12345557.jpg

「不思議の国のアリスの街」
e0138627_1235345.jpg

スプーンも!

不思議の国のアリスの街への入り口が、いまだけ絵屋に開いています。
小さい人も大きい人も、さあどうぞ。
懐中電灯で照らして差し上げましょう。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2013-07-24 12:41 | 今月の土壁
7.12-20
今回は二人展。
e0138627_16223990.jpg

e0138627_1623529.jpg

e0138627_16234551.jpg

e0138627_16261058.jpg

e0138627_16273812.jpg

▲左・渡邊博「交感」 
 中央・久松温子「春の河」 右・久松温子「水女魚」

ふたつの世界をひとつの空間に置いてみたら、混ざってこそ個性が表出してきた。

初日には、砂丘館で「絵を見る話の会」を開催した。
今回の1枚は、渡邊博さんの「戯」という過去の作品。
その頃は目を閉じた人形の頭など、言葉に変換できる何らかの形があった。
いまはというと、形容しにくい。
その「づらい」感じを味わう時、渡邊さんを感じることができるような気がする。

渡邊さんの作品はタイトルが面白い。
今回の出品作品を文字で並べてみる。
「韜晦」「連鎖の流れ」「昨日の夢」「自己主張」「覆う」「決意」「痕跡」「融」「張り付く」「表出の扉」「追従」

一方、久松温子さんの作品タイトルは、上には3文字の漢字で表記したが、店では「水」「女魚」の2文字で表示している。
お客さんに聞かれることしばしば。
造語なので、見る人が想像して音を与えてほしいと伝えてきた。
ぴったりを探すのにくすぐられる時間は、たのしい。

いい二人展だなあ、と最終日間近に悦に浸っております。
(l)

とある日の砂丘館の蔵
e0138627_16113857.jpg

▲右下の白い絵は久松さん、他4点が渡邊さん
[PR]
by niigata-eya | 2013-07-18 17:27 | 今月の土壁
e0138627_14575991.jpg

e0138627_1514331.jpg

e0138627_154476.jpg

相田さんの写真展が終了して、1週間ほども過ぎてしまいました。
ブログ読者のみなさま、ご無沙汰すみません。
ときは刻々と過ぎゆきますね。

相田諒二展では、たくさんのお客様が訪ねて下さいました。
相田さんとは、その後、今回出品した20点からさらに10点に絞ってポストカード集を作るとしたらどんな構成にするかを考えたり、かつて古町にあった幻のアート系セレクトショップ、ラ・ディアファンスの話などをし思い出に耽っておりました。
ラ・ディファンスのウインドウ越しに見える相田さんのポストカードはインパクトがあり、よい感じだったのを思い出します。
*相田さんの写真は、石井ゆかりさんの著書「星なしでラブレターを。」にも収録されています。必見。

そろそろ前に進みます。
(l)
e0138627_1502237.jpg

[PR]
by niigata-eya | 2013-07-18 16:17 | 今月の土壁