<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0138627_2228973.jpg
画廊とか、美術とか、絵とか言うと、
急にむずかしいものになってしまうのはなぜだろう?

たんぽぽの綿毛、タコをくれたおじさん、
断崖の向こうの日本海と佐渡、おむすび、
小さな家のわきの小さな池に住む鯉。

こどもの時の絵日記のように、はじめて見たものの新鮮なおどろきとよろこびを、魔法のようなすばやさで、イリーナさんは絵に描く。
カタコトの英語で会話をする相手のひとの顔を見ながら、フムフムと鉛筆を動かしていたかと思えば、小さな(手のひらに包むほどの、ほんとに小さな)ノートブックには、瞬く間にそのひとの顔がうまれた。

むずかしいことを考える間もなく、うまれる絵のふしぎ。

いま感じたことがどこかに行ってしまわないよう、絵にとじこめる、絵描きのしごと。
e0138627_22271192.jpg


和紙や木板に描かれたさまざまなモチーフは、イリーナさんが滞在した五ヶ浜での暮らしから。
海と山のすきまにそっと作られたような小さな集落の民家を訪れた際、タコの頭と蕎麦をごちそうになり、瀬戸物のごはん茶碗になぜかそそがれたピンク色の液体、ローズヒップティーをいただいたことを今も思い出す。

それは近くて遠い国、ロシアから、はじめてイリーナさんが訪れ、見た、日本という国への視点と繋つながっている。
(小)

--------------------------------------
イリーナ・ザトゥロフスカヤ

春の金 秋の銀

---------------------------------------
Gold for Spring ,Silver for Autumn

2013.1.18(金)〜30(水)
砂丘館(中央区西大畑町)
9:00〜21:00 / 月休

水と土の芸術祭2012にて、五ヶ浜の民家で制作・展示された作品
「Basyo.com〜バシコーム(裸足で)」を再展示しています。
e0138627_22315877.jpg

[PR]
by niigata-eya | 2013-01-25 16:27
Irina Zatulovskaya strage drawings and strange poems
1.22〜30

e0138627_1355296.jpg

▲土壁の作品 
(左から)「三輪の南瓜の花」「二輪の花」「七人の侍」-和紙に水彩

古い和書に描いたシリーズ
e0138627_13565130.jpg

▼「二つの錨」
e0138627_13573247.jpg

▼「日本の野菜畑」
e0138627_13575724.jpg

▼佐渡
e0138627_13582368.jpg

作品の背景に使った紙-金・銀・緑-はイリーナさんのセレクト。

水と土の芸術祭2012では、西蒲区五カ浜の一軒家に滞在しながら制作し、出会った人々や風景を、絵や俳句にした。
その周辺に生まれ、新潟絵屋の「Basho」のために制作されたのが今回の作品群(27点)。
砂丘館には、五カ浜での作品を再展示する。
ぜひふたつの会場でお楽しみ下さい。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2013-01-23 14:31 | 今月の土壁
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新年あけましておめでとうございます

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここ数年、新しい年の一番初めの展覧会はオークション展(1.12-20)を開催しています。
今回で6回目となりました。

27点の作品をご紹介しています。
油絵、日本画、ガラス絵、コラージュ、写真・・・etc
手法も年代も作風もさまざまな作品たち。
初日から2日経って、不思議と空気が馴染んできました。
土壁からぐるりとご紹介しましょう。
(I)
e0138627_0492624.jpg

e0138627_050241.jpg

  松本健宏さんの干支人形▲                  コレも▲
              三井一樹さんの陶が密かに人気でした▲

入札箱は、フラッグさんこと旗野のお手製で、昨年暮れには、かもめシアターでの「阿賀に生きる」上映会でカンパ箱になっていました。
さまざまな活動の傍らに、ものの存在があります。
e0138627_0502920.jpg

e0138627_051539.jpg

[PR]
by niigata-eya | 2013-01-14 01:02 | 今月の土壁