<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

e0138627_22241960.jpg

平野照子「猫とネコとねこ」展(jet stream)にて

今日は初めての空間にお邪魔した。
空港通りにある、jet streamさん。
古い建物には国内外さまざまな時代の家具や小物があり、素敵だった。

手足を伸ばし、空を飛んでいるような、泳いでいるような猫の箸置きをもらってきた。
金魚の水槽に入れようとたのしみに持ち帰ったものの、一晩考えよう。

帰りは砂丘館に立ち寄った。
Oさん、小さん、Sさんが「吉田淳治展 絵画風景」の準備を進めており、絵屋で二人展開催中の中島佳秀さんも助っ人をしてくださっていた。
新潟からは遠い南国・宇和島に暮らす吉田淳治さんの作品。
ひとりの作家の平面と立体。
絵はほとんど掛かって、立体をどのように置いていくか悩んでいる頃だった。

「平野さんの猫は砂丘館にもいます」
小さんが教えてくれた。
探してみてください。

(I)
[PR]
e0138627_045514.jpg

e0138627_0503166.jpg

e0138627_0473730.jpg

e0138627_0562593.jpg

書と絵の二人展

華雪さんは10の「顔」を出品された。

中島さんの絵は、動物のかたちが見えるものや、そうでもない何かを描いている。

中島さんの話は面白い。
動物については「かたちを借りている」とお話しされていた。
そして、今回の出品作品のなかで、「嫌いではないのはこれ」と教えてくれた絵があった。
「好き」ではなくて「嫌いではない」と表す中島さんが面白い。
e0138627_051493.jpg

25日には、砂丘館でライブがあった。
(出演:中島佳秀、Desel Guitar)
華雪さんの「顔」が絵屋からお出掛けした。
大音響と聞いていたけれど、音の大きさよりも、その音により出会う新世界が凄かった。
音は熱のようで、方向を示し、空間を感じさせるものだったり、空間やからだを溶かすような感じ、危うさもあって、初めての体験に高ぶった。
目を閉じると、音から受けるイメージは映像になった。

ライブが終わり、華雪さんと砂丘館の蔵を離れ、座敷に行くと、夢からやっと覚めてきた。
その日の夜に見た夢では、曇り空の下、華雪さんと農道を歩いていた。
雨が降ってきて、次第に激しくなり、現実では体験したことのないスコールのような大降りに変った。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2012-07-28 02:15 | 今月の土壁
4月に新潟絵屋で展覧会をした井田英夫さんが、故郷の秋葉区で展覧会(三方舎)を開催している。
同じ絵が、別な空間では別な表情を見せるのが面白い。
e0138627_14362815.jpg

e0138627_14372143.jpg

e0138627_14374849.jpg

e0138627_14375883.jpg

テラスの木陰に、ファブリーズ(井田さんのモデル)を発見。
箪笥には、小さいの頃の井田さんが描いた絵があった。
絵が好きなのは、大きくなっても変わらない。
(I)
[PR]
e0138627_13411694.jpg

e0138627_13415158.jpg

中矢さんは、新潟の雪がすきだとおっしゃっていた。
雪と花と中矢さんが、作品の中で戯れている。
e0138627_1344577.jpg


中矢さんは毎日画廊にいらっしゃる。
お客様を待つ間の中矢さんは寡黙で、手仕事に忙しい。
昨日は針と糸、今日は絵の具。
いつもわくわくしている中矢さんがそばにいると、こちらも元気になってくる。
(I)

*写真の質感は独特です。今回はジークレーだそうです。
ぜひ実物を間近に見て下さい。
[PR]
by niigata-eya | 2012-07-17 13:57 | 今月の土壁

とある日のとあるギャラリーで出会ったもの。
e0138627_19212824.jpg

▲常設展の一角
「固くなった時の対処法」があった。

▼お皿をひとつ買い求め、ほくほく。
e0138627_1935362.jpg

(ピンぼけでかたじけないでござる)
(I)
[PR]
とある日、ホームパーティを開くのに、Sayuさんの大判ハンカチを棒に縛り付けて目印にした。
阿賀野川のほとりに家があるので、棒は土手の草むらにさした。
黄〜青に染めたハンカチは、自然の中で一層美しかった。
e0138627_23123463.jpg

▲瀞の泉

e0138627_23131283.jpg

▲群生 

Sayu(さゆう)こと佐藤裕子さんの作品の中で、わたしが一番好きなシリーズをショップで紹介している。
これらは染めた布を巻いて作られる。
7月末まで!

そして、7月から、絵屋の目印になればと旗を掲げている。
2000年の開廊を記念してSayuさんに作ってもらった旗を、このほど再びSayuさんの手で染め直し、修繕し、デザインをリニューアル。
毎日、旗を掲げて絵屋の一日がはじまる。
これがとても気持ちいい!
(l)
e0138627_14434077.jpg

▲移転前の新潟絵屋 2002年頃
[PR]
e0138627_22413738.jpg

何かを発見し、凝視するうち我を忘れ、ぼーっとすることありませんか。
そのような、何か美しいものとの出会いの瞬間を思い出させてくれる写真です。
うっとりするのは、健康にもよい気がします。

今日はどこかの施設を利用されているおばあさま2人が、介助の方2人とともに足を運んでくださいました。

「こんなきれいなのがあるんだねえ」
「いいものを見せてもらって、とっても申し訳ない」

介助の方は、
「たまに外の空気を吸うのもいいでしょう」
と優しく声を掛けていらっしゃいました。
喜んでいただけて、とても嬉しかったです。


高橋さんは、今回の出品作品をすべてリバーサルフィルムで撮っていますが、スナップはデジカメでも撮るのだそうです。
とある日のスナップ1.☟
e0138627_2363737.jpg

とある日のスナップ2.☟
e0138627_065081.jpg

とある日のスナップ3.☟
e0138627_2202713.jpg


(l)
[PR]
by niigata-eya | 2012-07-06 23:10 | 今月の土壁