<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日曜日、めずらしく電車に乗り西へ。
井田英夫さんと絵の納品に出掛けた。
今回の「雪の砂丘館」で、Nさん宅には四季の井田英夫作品が居間に揃った。
とても素敵なコレクションだ。
e0138627_2081811.jpg

e0138627_19595887.jpg

e0138627_2001696.jpg

e0138627_2022438.jpg

一角には、三種の花が開いていた。
(花生は莢陶窯・菅原洋さん作)

午後の陽は明るく、自然光で絵を眺めた。
いつか絵屋に掛かっていた作品と再会して、井田さんと喜びを分け合った。
Nさんで温かなおもてなしを受け、そこにあるものたちが放つ幸福感をいっぱいに感じて帰って来た。
e0138627_2029138.jpg

手作りのメロンパン
美味しいご馳走でお腹もいっぱいになって、大変幸せな日曜日でありました。
(I)
[PR]
e0138627_1943648.jpg

土壁の作品:「絵画no.9」
万代島美術館「新潟の画家たち」出品の作品が、どこからか小さな空間におりてきました。

エヤの格子と絵の格子。
絵と空間は一日中交流を深めていました。
e0138627_195418.jpg

e0138627_1962339.jpg

e0138627_1974758.jpg

e0138627_19102480.jpg

入院中のSさんが、外出願いを出して見に来てくださった。
嬉しい初日でありました。
(I)

作家在廊日:5/22,27,30
[PR]
by niigata-eya | 2012-05-22 19:45 | 今月の土壁
e0138627_115865.jpg


土壁の作品:「窓」

(2011年 リトグラフ 35.5×100.5cm)


作家在廊日:5/13.19.20
e0138627_15213068.jpg

5/24 Re Wrote
とある日の夕方、とある家を訪ねた。
数日前に取り壊されたので、家の形はなく、けれども、家があったことを確かめるために家のない場所を訪ねた。
剥き出しになった土地には、一日の仕事を終えた重機があり、土の匂いがした。
靴は、ふかふかの土に沈んだ。
帰り道は海沿いを走った。
海も空も境界がない、黒。
八木さんの絵の部分に入り込んだようで、
イメージの世界と現実との境い目が消えゆくような一瞬にクラッとなった。
あの質感に富んだ黒は入り口だったのだと、時速50キロのわたしは思った。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2012-05-15 12:03 | 今月の土壁
e0138627_683273.jpg

e0138627_691889.jpg

e0138627_693242.jpg

絵屋のゴールデンウイークは、佐渡・城南窯 池田早季恵さんの、陶の縁起物をご紹介しています。
七福神、福助、お多福、招き猫、達磨などなど。
期間限定の福福しい絵屋になっています。

池田さんの作品は、型から作られます。
前回の動物達もそうですが、人形の動きや表情がよく、見ていて心がほぐれます。
紐や座布団などで作品一つ一つをより個性的に引き立てる工夫も、池田さんならでは。
e0138627_6121852.jpg


◉6日は、陶の楽器・オカリナのコンサートがあります。

朱鷺オカリナ〜はっぴーそんぐこんさーと
演奏:池田脩二
16時〜/新潟絵屋にて/無料


今回、土笛の制作に挑戦されたそうですが、穴の大きさで音が変ってしまうので難しく、同時に面白さに出会えたと聞きました。
土笛には福助(!)の絵付けが施されています。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2012-05-04 06:45 | 今月の土壁
e0138627_5304797.jpg


土壁の作品
左:「浜辺」
右:「海辺」

ふたつの海が並んでいた。
空も海も、広い世界で繋がっている。
人が作り出す想像の世界に、絵というある種のあらわれがあり、それを介して人と人が出会うことは、とても素敵なことだと思う。

森さんの絵の不思議を考えるとき、「しびれ」という言葉が浮ぶ。
正気に戻って振り返ると、しびれてしまっていた。
このしびれは思考の飛躍とも関係があるかもしれない。

毎回、さまざまな絵と人の出会いがあるけれど、今回特に心に残ったのは、作家さんの反応が多かったことであった。

それから、もうひとつ。
漆喰に掛けた「種のひみつ」は、どうしたことか草むらに魚が立って(浮んで)いた。
魚は透けていた。
森さんに尋ねると、
「うん、そうなってしまったの」
と仰った。
e0138627_5311627.jpg

右:「種のひみつ」

森さんは魅力的で、どうもしびれてしまう。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2012-05-04 06:04 | 今月の土壁