<   2011年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

e0138627_2042280.jpg

e0138627_20405533.jpg

砂丘館では、現在「平賀壯太と父・平賀洗一・・・そして南魚沼・六日町の文化の一断面」展を開催中です。


平賀壯太さんは現在75歳。
分子生物学者として活躍したのち、70代を過ぎてから本格的に創作を再開された異色の経歴の持ち主です。
近作のタイトルを挙げてみると、
「サイとスイカの予期せぬ遭遇」
「紀元前2550年のサバクトビバッタ」
「メコンデルタの雌鳥たち」
などなど…
作品はユニークなモチーフと鮮やかな色彩、そして確かな描写力で、見る人をはっと惹きつけるフレッシュな魅力にあふれています。

少年時代より、父・洗一から「人の真似をするな。人のしないことをしろ。」と口癖のように言われていた通り、科学と芸術の道で迷いつつも選んだ科学の道で世界的な業績を残しながら、そこにとどまることなく画家として新たな境地を探る壯太さんの絵は、気負いがなく、とらわれず、若々しく、生来の明るさとユーモアが持つ小気味よく弾むようなリズムが見る人を元気にしてくれます。

「思いわずらうことなく、たのしく生きよ」

絵からはそんな言葉が聞こえてきそう。
暑い日や大雨や不安定な日が続きますが、ぜひ、心のリフレッシュに砂丘館を訪れてみて下さい。
(小)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
平賀壯太と父・平賀洗一
 ・・・そして南魚沼・六日町の文化の一断面

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
開催中〜8月28日(日)まで 
9時〜21時 月曜休館 観覧無料
会場:砂丘館(旧 日本銀行新潟支店長役宅)
住所:新潟市中央区西大畑町5218−1
sakyukan@bz03.plala.or.jp

*会場では他にも父・洗一氏が昭和初期に制作した前衛的な映像作品も上映。
また、平賀父子と交流のあった作家・上野誠や長谷川正巳、たべ画廊・田部直枝などを通し一地方都市・六日町における生きた文化の姿を紹介しています。

◆平賀洗一 映像作品上映(女性美をテーマにした実験的な映像作品です)
 時間:平日11〜15時、土日祝10〜16時
 上映作品:「診察室」、「ながれ」(昭和11年)、「海女 へぐら島」(昭和12年)

◆平賀壯太 講演会 「父・平賀洗一を語る」
 8月7日(日)14:00〜15:30
 参加費:500円 ※予約不要、直接会場へ
[PR]
by niigata-eya | 2011-07-30 20:51 | 砂丘館
e0138627_14515758.jpg

e0138627_14524255.jpg

e0138627_14531411.jpg

e0138627_14534933.jpg

e0138627_14541176.jpg

今朝8時ころの展示室。
暗いところで映えるもの。
(フジタヨウコ展 / 7.22-30開催)

(I)
[PR]
フジタヨウコ展」(2011.7.22-30 於:新潟絵屋)

e0138627_1962293.jpg

土壁の作品:「ちょうちょ」


同じ空間に「逆さまな街」の島が浮かんでいます。
e0138627_1301869.jpg

e0138627_19103492.jpg

e0138627_19182485.jpg

e0138627_1915226.jpg

e0138627_1332737.jpg

e0138627_13341835.jpg

e0138627_137727.jpg

e0138627_13152831.jpg

e0138627_1917740.jpg

逆さまな街は、逆さにも置けます。
e0138627_1974621.jpg

e0138627_1393243.jpg


e0138627_13392555.jpg

足下を見て、反対面でどのような光景があるのだろうかと考えます。


おまけ
最近の絵屋界隈から
e0138627_1943143.jpg

外壁の質感に富んだ家↑

作品を見ると、不思議と見えてくるものに変化があります。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2011-07-26 20:15 | 今月の土壁
e0138627_21434638.jpg

Iさんが「長谷川徹展」へ足を運んで下さった。
ゆっくりと見て下さった。
長谷川さんとIさんのたびたび訪れる沈黙の空気が、いい感じだった。

それから、Iさんのお家へ行った作品のその後をお尋ねし、思いがけず写真を見せていただいたのだった。
「胸にすーん、ときた作品を不意に買ってしまうことが多い」という言葉が印象的だった。

右側の黒いマットがついた作品は相田諒二さんの写真。鉄錆の近影。
一番低い位置に掛けられているのは内海満昌さんの絵。ろば屋さんからやってきた。

e0138627_1175564.jpg

鮮やかな青の絵は、野中光正さんの木版画。 ↑ 2010年3月の新潟絵屋

このたび長谷川さんの作品「デジャヴ」が、Iさんコレクションに加わることになった。
(I)
[PR]
「長谷川徹展」(2011.7.12-20 於:新潟絵屋)

土壁はほんのりと黄金色に輝いて見えます。
(O)

土壁の作品:「星辰」(アクリル/ベニヤ板)
格子戸の作品:「WORKS」(アクリル/パネル)
e0138627_1432564.jpg

オープン前に消灯し、もうひとたびうっとりする。
e0138627_14323917.jpg

e0138627_14334437.jpg

「WORKS」(2011年の作品)
e0138627_16441752.jpg

「WORKS」(2009年)

開廊。
e0138627_14161489.jpg

e0138627_14163917.jpg

e0138627_144835100.jpg

*長谷川さんは会期中、何度か画廊にいらっしゃる。
予定:7/12(火)、15(金)、17(日)、19(火)、20(水)

15日には5人の中学生が職場体験に来る。
数年前から毎年2年生を受け入れているのだった。
昨年もはやり長谷川さんの展覧会会期中であった。
その折、絵を描くのにどのくらいの時間がかかるのか尋ねられ、
「描くのはあっという間だが、描く前と後に時間をかけている」
と長谷川さんはお答えになった。
心に残る言葉だった。

質問はわたしにも届く。
今年の質問
「どうしてこの仕事につこうと思ったのですか」
「一番オススメの絵は何ですか」
「接客のコツなどはありますか」
「どんな人が向いていますか」
「特に力を入れていることは何ですか」

長谷川さんとみなさんにお会いするのをたのしみにしている。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2011-07-12 15:23 | 今月の土壁
町の書店で展覧会を企画しています。


華雪さんの書はとても毅然(きぜん)としている。
書いた人から離れて、書=字が、それ自身の体ですっくと立っている。
風を浴びても、波を受けても、自分の足で立ち続けようとする、誇り高い
生きもののように。
字が、言葉が、自分の置かれた場所を、暖かさを感じて震えている。(O)


「華雪展」
2011年7月1日(金)~30日(土)
会場:北書店
(中央区医学町通2番町10-1 ダイアパレス医学町101 025-201-7466)
9:45-20:00 / 第1・3日曜日休
e0138627_17231122.jpg

e0138627_17233719.jpg

[PR]
by niigata-eya | 2011-07-11 20:56 | 北書店
e0138627_1663348.jpg

e0138627_1665757.jpg


絵屋の正面は東を向いており、この建物もまた東側に玄関があった。
今日は2階がなくなった。
(I)
[PR]

e0138627_11193937.jpg

朗読会の最中に雨が降り、SEWING GALLERYを出るころに晴れ上がった。
見上げると、うす暗闇の空が木の葉の間から見えた。

翌日は午後3時に伊丹から新潟へ飛行するのだった。
途中に発見した壁に、唐突ながら林哲夫さんを思い出す。
e0138627_23535571.jpg

大阪では、随分といろんなものを拾ってきた。
e0138627_23541458.jpg

↑  国立国際美術館にて「森山大道写真展 オン・ザ・ロード」鑑賞。
e0138627_23581863.jpg

↑  中之島
e0138627_034668.jpg

↑  清水湯あたり

空から雲を眺めながら、中島佳秀さんが「世界は広いと思いたい」とおっしゃっていたことを思い出す。
e0138627_0111696.jpg

e0138627_014681.jpg

もう何年も、繰り返し見る同じパターンの夢—飛行機に乗ることになっているのに、いつも何らかの事情で乗れない—がある。

夢と違い、飛行できた。
空は遠くと確かに繋がっていることが、嬉しかった。
(I)
[PR]
e0138627_9111892.jpg

糸で描き、言葉を綴る展覧会
「九月の朝顔—声の本—」
2011.6.29.wed - 7.10.sun
12:00 - 18:00
(最終日17:00まで)

糸で描いてあるのだった。
言葉は文字の形をしている。
作品は、絵や文字の形をした、畑尾和美さんの言葉だった。
e0138627_915282.jpg

e0138627_9154924.jpg

e0138627_9161643.jpg

e0138627_9164413.jpg

ゴザをしいてあるのは、これから畑尾さんの朗読会があるためだった。
畑尾さんは、自分の言葉を声に出す。
そのような場を大切にしている。
(畑尾さんはひとりずつにアイスの抹茶をたててくださった)
e0138627_9171588.jpg

日々を言葉にする、声に出す。
素直に日々を言葉にすることは、ありのまま声に出すことは、それを続けることは、正直で、勇気がある。
受け止めるこちらの心を問われるような時間だった。

また畑尾さんの言葉と空気に触れたい。
今年9月、BOOKLORE (ブックロア) から出版されるという詩画集 で、
会えるのだと思っている。
(I)
[PR]
星ヶ丘を訪ねた。
畑尾和美さんの展覧会を見に行くため。
※7/10まで開催中
e0138627_17421133.jpg


星ヶ丘には天の川が流れている。
丘にはSEWING GALLERYがある。
星ヶ丘洋裁学園内にあるギャラリースペースを訪ねたのだった。
そして、建物と敷地内を見せていただいた。
e0138627_1818112.jpg

e0138627_18173493.jpg

e0138627_1820811.jpg

e0138627_18204260.jpg


ギャラリースペースと別棟に、SEWING TABLE COFFEEがある。
e0138627_18241722.jpg


大きい陶のカフェオレボウルにアイスコーヒーふたつ、持ち手がある陶のカップにホットコーヒーがひとつ、そろって盆に乗りテーブルに届いた。
e0138627_18402350.jpg

e0138627_18405792.jpg

壁には舟が。
e0138627_18395562.jpg

きょろきょろしてはいたが、ここで一服して落ち着いた。
畑尾さんの朗読会がはじまる時間になった。

夾竹桃の白い花が揺れ、木の枝に掛けたたくさんの七夕の短冊が翻る野道を歩いて、また校舎へと戻る。
e0138627_18244346.jpg

(I)
[PR]