<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いつもは小林春規さんの版画を掛けているネオジャパネスク空間(和洋折衷レトロっぽい空間)の壁面。春規さんの版画あまりにもはまりすぎ。で時折掛け替えて見る。
チャック作のキャラクター画も結構こういった空間になじんだりします。
(J)
e0138627_1835463.jpg

[PR]
e0138627_2036244.jpg

あかり作家中矢澄子さんの新発田滝谷のアトリエを訪ねた。
100年以上も前(多分)に建てられたもと茅葺きの古民家。
つやつやした板戸の色を見ていたら、近所の和菓子屋さんに営業で持参して、
まだ車に積んであった津田真帆さんの鳥の絵をなんだか掛けてみたくなった。
掛けたらご覧のようにぴったり。うれしくなった。
時計の針が9時を指したら、絵のハトが鳴きだしそう。(O)
[PR]
e0138627_202359.jpg

やはり中矢さんのアトリエ。柱と鴨居の交差するところに、
田中正弘さんのミイラ(?)のレリーフがひっそりと掛かっていた。(O)
[PR]
e0138627_2034595.jpg

キッチンの入口に近い棚を覗くと、平野照子さんの「山主」がかわいい蛙や小石のなかで寝ていた。
私も眠くなり、座敷で小一時間昼寝をさせてもらった。
(ちょっとピンぼけですみません)
(O)
[PR]
e0138627_1314619.jpg

こんなところにも絵は掛けられます。篠原佳尾のデカルコマニー。
(O)
[PR]
e0138627_1302567.jpg

ウィンブルドン男子決勝をテレビで見てたら、クラブの建物からナダルとフェデラーがコートにでていくところをカメラが追っていた。
明るい廊下の壁に、何枚のも水彩画が掛けられていていい雰囲気だった。

これは新潟のある家の廊下。掛けられているのはマドハット・カケイの木版画。
(O)
[PR]
e0138627_003756.jpg


ここは絵屋。
広小路側の窓辺。

片側を囲い、その囲いに小さな窓をあけるよう建築家が設計した。
その風景が馴染んできたある日、
思い立って、村井勇の「柱のある壁」(仮称)モノクロ写真を掛けてみた。

こうして仕事場を飾るのが、密かな愉しみなのである。

( I )
[PR]