カテゴリ:みるものとよいところ( 198 )

8月10日迄、泉健太郎さんの作品をショップスペースで紹介している。
展示室では同じ会期で、中尾昌吾さんの作品を展示している。
黒の道をひゅっと脇にそれると、泉さんの世界に通じる。
e0138627_11413128.jpg

e0138627_1854151.jpg

卵柄の作品
CUBE
e0138627_1855132.jpg

PLATE
e0138627_18553577.jpg

「作業をしていていつも思うのですが、卵の殻ってきれいだなと思います。
 できるだけ卵の殻の美しさをそのまま移すことを心がけています。
 自分は単なる通過点でありたいと思うのです。」
                        izumi-note-より
e0138627_18562161.jpg

泉さんは悩む。
たぶんときどき固くなる。

深く悩めるということは、実は、ものすごく可能性を感知できる才能があるのではないかな。
泉さんの箱を眺めながら、勝手にそんなことを考えてしまった。
e0138627_1158978.jpg

e0138627_11585282.jpg

e0138627_11595152.jpg

泉さんの箱についての秘密はこちら。
(I)
[PR]
e0138627_22241960.jpg

平野照子「猫とネコとねこ」展(jet stream)にて

今日は初めての空間にお邪魔した。
空港通りにある、jet streamさん。
古い建物には国内外さまざまな時代の家具や小物があり、素敵だった。

手足を伸ばし、空を飛んでいるような、泳いでいるような猫の箸置きをもらってきた。
金魚の水槽に入れようとたのしみに持ち帰ったものの、一晩考えよう。

帰りは砂丘館に立ち寄った。
Oさん、小さん、Sさんが「吉田淳治展 絵画風景」の準備を進めており、絵屋で二人展開催中の中島佳秀さんも助っ人をしてくださっていた。
新潟からは遠い南国・宇和島に暮らす吉田淳治さんの作品。
ひとりの作家の平面と立体。
絵はほとんど掛かって、立体をどのように置いていくか悩んでいる頃だった。

「平野さんの猫は砂丘館にもいます」
小さんが教えてくれた。
探してみてください。

(I)
[PR]
4月に新潟絵屋で展覧会をした井田英夫さんが、故郷の秋葉区で展覧会(三方舎)を開催している。
同じ絵が、別な空間では別な表情を見せるのが面白い。
e0138627_14362815.jpg

e0138627_14372143.jpg

e0138627_14374849.jpg

e0138627_14375883.jpg

テラスの木陰に、ファブリーズ(井田さんのモデル)を発見。
箪笥には、小さいの頃の井田さんが描いた絵があった。
絵が好きなのは、大きくなっても変わらない。
(I)
[PR]

とある日のとあるギャラリーで出会ったもの。
e0138627_19212824.jpg

▲常設展の一角
「固くなった時の対処法」があった。

▼お皿をひとつ買い求め、ほくほく。
e0138627_1935362.jpg

(ピンぼけでかたじけないでござる)
(I)
[PR]
とある日、ホームパーティを開くのに、Sayuさんの大判ハンカチを棒に縛り付けて目印にした。
阿賀野川のほとりに家があるので、棒は土手の草むらにさした。
黄〜青に染めたハンカチは、自然の中で一層美しかった。
e0138627_23123463.jpg

▲瀞の泉

e0138627_23131283.jpg

▲群生 

Sayu(さゆう)こと佐藤裕子さんの作品の中で、わたしが一番好きなシリーズをショップで紹介している。
これらは染めた布を巻いて作られる。
7月末まで!

そして、7月から、絵屋の目印になればと旗を掲げている。
2000年の開廊を記念してSayuさんに作ってもらった旗を、このほど再びSayuさんの手で染め直し、修繕し、デザインをリニューアル。
毎日、旗を掲げて絵屋の一日がはじまる。
これがとても気持ちいい!
(l)
e0138627_14434077.jpg

▲移転前の新潟絵屋 2002年頃
[PR]
6月の初め、新緑が清々しい、長野と山梨を訪ねた。
八ヶ岳美術館で「渡辺隆次展」、
gallery traxで「華雪書展 日」(写真)、
フィリア美術館「ケーテ・コルヴィッツと上野誠」(常設で渡辺隆次、四??公子作品)を拝見。
3つの空間、3つの展覧会はそれぞれに素晴らしかった。
e0138627_23245755.jpg

e0138627_23265858.jpg

TRAXさんの一角に、「たらりひょん」に似たものを発見。
e0138627_2335418.jpg

それとなく、よい感じでした。
(I)
[PR]
Tさん宅にて
e0138627_2318137.jpg
森敬子「競馬場」
[PR]
日曜日、めずらしく電車に乗り西へ。
井田英夫さんと絵の納品に出掛けた。
今回の「雪の砂丘館」で、Nさん宅には四季の井田英夫作品が居間に揃った。
とても素敵なコレクションだ。
e0138627_2081811.jpg

e0138627_19595887.jpg

e0138627_2001696.jpg

e0138627_2022438.jpg

一角には、三種の花が開いていた。
(花生は莢陶窯・菅原洋さん作)

午後の陽は明るく、自然光で絵を眺めた。
いつか絵屋に掛かっていた作品と再会して、井田さんと喜びを分け合った。
Nさんで温かなおもてなしを受け、そこにあるものたちが放つ幸福感をいっぱいに感じて帰って来た。
e0138627_2029138.jpg

手作りのメロンパン
美味しいご馳走でお腹もいっぱいになって、大変幸せな日曜日でありました。
(I)
[PR]
e0138627_21542477.jpg

e0138627_21545885.jpg

とある日、映画を観た。
「ブリューゲルの動く絵」と「サウダーヂ」。
受付で見上げると、いつものように女神(小比田佳子)とシャモ(大高正嗣)があり、さらに増えていた。
(I)
[PR]
数日前、5月下旬に展覧会をする信田俊郎さんを訪ねた。
目的は最近作を見せていただくこと、作品の写真を撮影すること、ほか細かな打ち合わせをすることだが、アトリエそのものに作家の魅力が出ているのが面白く、つい目はウロウロし始める。
e0138627_21301369.jpg

e0138627_21344975.jpg

e0138627_2138211.jpg

e0138627_21385863.jpg

e0138627_21402466.jpg


作家の魅力に出合い、展覧会はますますたのしみになるのだった。
会期は5/22-30です。
(I)
[PR]