カテゴリ:SHOP( 14 )

渡邉和也展の会期中、細長い鎚起銅器に注いだ冷茶が喜ばれました。
e0138627_12183871.jpg
e0138627_12010356.jpg
※いりこは、井田英夫さんからの広島音戸みやげ。ソーサーはNob Craft Homemade Funitureです。

引き続き、ショップで取り扱っております。
e0138627_12142060.jpg
デザインは3パターン。
e0138627_12144073.jpg
各8000円

現在の在庫
左 2点/中 4点/右 0点
すこしお時間をいただきますが、追加のご注文も可能です。
特に好評だった筒型は、現在在庫が0となりましたが、7月下旬に再度入荷予定です。

板状の銅を叩き、ひとつひとつ手作業で正確におなじ形を作り出す鎚起銅器は、世界に誇る新潟の伝統工芸です。
(I)

[PR]
by niigata-eya | 2017-07-08 11:56 | SHOP
田代草猫 句集『猫』発売しました!
e0138627_11503273.jpg
e0138627_13052648.jpg
ひとりの女性が日常生活をおくりながらに詠んできた俳句を、井田英夫さんの挿絵とともに、手のひらサイズの本にまとめました。
俳句はだれもが気軽にたのしめるもの、むずかしいことなどない、と、草猫(そうびょう)さん。エッセイ「俳句トランプ説」にも、そのようなおもいが綴られています。

102ページ/文庫本サイズ/栞付録
表紙絵・挿絵 井田英夫
編集・装丁デザイン dododo
定価1000円+税
e0138627_11511637.jpg

取扱店 : 北書店、砂丘館、シネ・ウインド、新潟絵屋
通販可 : 別途送料140円/納品後、送料を含む代金をお払い込みいただきます

◎dododo/ドードー堂は、新潟絵屋に新設したデザイン部門です。今後もご期待ください。

おまけ
ある日、いただいたお菓子がdododoのロゴになっていました。
e0138627_11550236.jpg

[PR]
by niigata-eya | 2017-07-08 11:38 | SHOP | Comments(0)
Nob Craft Homemade Funiture
いろいろいろ新作小物が入荷しました。
@400円
e0138627_11233431.jpg
e0138627_06345333.jpg
お客様からいただいた昨年の絵屋のスナップ写真。入り口に飾りました。
e0138627_11235465.jpg
天気がよいので、ショップの住人にわとり親子もつれてきました。
こども絵屋椅子に新作小物を並べてみました。
いろのパズルがたのしい!
e0138627_11242112.jpg
e0138627_11245773.jpg
ショップで取り扱ってるこの葉書セット。
囲炉裏に寛ぐワンニャンさんにいつも和みます。

斉藤文夫「昭和の記憶 新潟 海の村 山の村』
4枚綴りの葉書セット@680
編集・企画・製作 Bricole

写真集も引き続き取り扱っております。
@1500円/A5サイズ
e0138627_22181125.jpg

[PR]
by niigata-eya | 2017-07-08 11:19 | SHOP | Comments(0)
同じ上大川前通にあるノ縞屋さんは、輸入雑貨のセレクトショップ。今年も冬の買い付けを終え、3月18日から新商品を並べて営業を再開されました。

そのノ縞屋さんに、今回の買い付けでよいフックを探してほしいとお願いし、水面下で連絡を取り合っていました。

このほど、エストニア共和国の町タリンに見つけてくださった鉄製フックを、絵屋のショップにて発売します。取り扱いは3月19日から、限定7点、@1250円税込。
e0138627_23395680.jpg
e0138627_23405119.jpg
ここでは、絵を飾るお手伝いに、絵画用フックや伸縮ワイヤー、額、木製スタンドなどを定番で取り扱っております。

絵屋をお訪ねの際には、ノ縞屋さんへも足を伸ばしてみては。徒歩15分位です。
▶中央区上大川前通4番町119 ハチスオフィス1F

[PR]
by niigata-eya | 2017-03-18 23:38 | SHOP
松本健宏さんの「獣(じゅう)のり雛」が入荷しました。
お雛様とお内裏様、獣にのって、どこへゆく。
先に発売した酉聖人は、横目で獣のり雛を見ています。

¥4,320税込
e0138627_18302589.jpg
e0138627_18321989.jpg


[PR]
by niigata-eya | 2017-02-22 18:32 | SHOP
師走のショップに、青松ワークスの木工オーナメントとグラスワーク未来のオーナメントが入荷しました。

グラスワーク未来
石倉まみ
e0138627_15340760.jpg

e0138627_15343165.jpg

グラスワーク未来
大関博史
e0138627_15373136.jpg

e0138627_15374844.jpg

グラスワーク未来のオーナメントは1点もの
@4860円/5400円

青松ワークスの素朴な木工オーナメントはデザインが豊富で、組み合わせを考えても楽しい
各@300円
e0138627_15423738.jpg
12月の営業は20日までと短いので、ぜひお早めにご来店をお待ちしております!
(I)

[PR]
by niigata-eya | 2016-12-07 15:31 | SHOP
ミーヨンさんの著書「よもぎ草子」「Alone Together」「いまここにいるよ」「I was born」が入荷しました。
共通するのはどれも励まされる点です。
そこにある写真、そして言葉をみなさんにもお伝えしたいですが、ミーヨンさんが作った本の形で、ぜひ出会っていただきたく差し控えますね。
絵屋での写真展「Alone Together」は、8/2〜11マデ。

先日、長岡のmu-anさんで開催されているミーヨン写真展「よもぎ草子ーあなたはだれですか」(7/30マデ)に行って来ました。初日のトークイベントでソウル生まれのミーヨンさんがいま日本におられる経緯、著書についてなどお聞きしましたが、ミーヨンさんの雰囲気は、不思議と聞いている側をリラックスさせるものでした。お酒みたい?
日本語がまだあまり話せなかったミーヨンさんが日本でカメラマンの事務所になぜだか雇ってもらえたとご本人は仰っていましたが、分かる気がしました。とても魅力的なお方です。
e0138627_1447676.jpg


関連イベント
その1.
こんぴら通りの吉川酒店さんと新潟絵屋とで共同企画する日本酒の会。
通の吉川さんに、新潟県内数有る蔵元からひとつ選んでいただき、その蔵元の日本酒を飲み比べます。
画廊は緊張するという方も多いです。
そんな中、お酒がもつリラックス力で作品鑑賞をたのしんでいただき、作家とのよき交流の場にしたいとこの日本酒の会を企画しています。

今回は、8/2(火)19時〜、Mi-Yeon写真展「Alone Together」展示室で、蔵元は恩田酒造さんをお迎えします。


その2.
ギャラリートークもあります
8/6(土)18:00〜

(I)
[PR]
by niigata-eya | 2016-07-26 14:49 | SHOP
SHOPスペースにて
3/12〜30
本濃研太さんと中島尚子さんに出品していただきました。
e0138627_1921344.jpg

本濃研太さんはダンボール彫刻と、ダンボールブローチ。
アクセサリーは、身につけると気分が変わりますが、本濃さんのブローチをつけたら動物に変身する力が芽生えそうです。
e0138627_19214597.jpg

e0138627_1922035.jpg

中島尚子さんは木口木版画。
絵屋のちかくにお住まいの猫さんもモデルになっています。
猫さん、見に来ないかなあ。
e0138627_19223447.jpg

e0138627_19242725.jpg

おふたりは、ギャラリーみつけでの「animals アートな動物園展」にも出品されます。

展示室では「中尾昌吾展」「三瓶初美展」
ショップと展示室とで、雰囲気ががらりと変わってギャップが面白くなりました。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2016-03-18 19:34 | SHOP
2014年の絵屋便表紙絵(絵・蓮池もも)から、便箋が誕生しました。

新潟絵屋産便箋
15枚(3種類5枚ずつ/下敷き2種付録)
¥648

同シリーズの封筒もあります
5枚(1種)
¥432

e0138627_17111651.png

e0138627_17125480.jpg

ご購入希望の方は▶ shop@niigata-eya.jp
+お名前
+ご住所
+部数
をお書きください。
別途送料/新潟絵屋でもお受け取りいただけます。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2015-01-30 17:21 | SHOP
3人の画家の絵で12ヶ月を綴っています。
井田英夫、峰村リツ子、喜多村知。
峰村リツ子は、1907(明治40)年新潟市沼垂に生まれ、10代後半に東京へ。戦争や子育てで一時制作を中断するも再開。女性油彩画家の草分けのひとり。
一方、喜多村知(きたむらさとる)は、峰村と同じ年、旧満州大連に生を受けます。戦前の日本で美術を学び、戦中は島根県津和野に疎開。生涯、風景を描き続け、新潟では佐渡、能生、弥彦などを訪れました。
いま、新潟絵屋では、峰村リツ子さんの子である女性と交流が続いています。
その方からの投げかけに応え、この3人の構成を思いつきました。
峰村作品は裸婦を、喜多村作品は風景をセレクト。
その中で、井田英夫の絵が浮いた存在感になり、彼ならではのよさが出たと思っています。
1月は峰村リツ子。つぎの頁に井田英夫の観葉植物が、さらに次の頁に喜多村知の能生の風景が出番を待っています。

500円
12.7×18.1cm/12頁
プラスチックケース付 
壁掛/卓上どちらも可能
*喜多村知作品のセレクトや略歴編集では、山口県のあざかみ美術館さんにご協力いただきました。

引き続き販売しております。
通販をご希望の方は、お名前や送付先(新潟絵屋での受取可能)をご連絡下さい。
shop@niigata-eya.jp
e0138627_1523071.jpg

[PR]
by niigata-eya | 2015-01-22 15:05 | SHOP