古民家に絵を飾る

e0138627_2036244.jpg

あかり作家中矢澄子さんの新発田滝谷のアトリエを訪ねた。
100年以上も前(多分)に建てられたもと茅葺きの古民家。
つやつやした板戸の色を見ていたら、近所の和菓子屋さんに営業で持参して、
まだ車に積んであった津田真帆さんの鳥の絵をなんだか掛けてみたくなった。
掛けたらご覧のようにぴったり。うれしくなった。
時計の針が9時を指したら、絵のハトが鳴きだしそう。(O)
[PR]