2017.7①木下晋展

7/2-10
本ブログ「今月の土壁」では、展覧会の記録をしてきました。
「木下晋展」では、土壁のほうを見つめる人物がいます。モデルは木下夫人。
スタッフは背中に熱い視線を受けながら仕事をしています。
e0138627_23192671.jpg
e0138627_14240158.jpg
「告発」2011年
e0138627_14291358.jpg
e0138627_15302296.jpg
「耳で見る」2015年
e0138627_15311361.jpg
「尻かくして頭かくさず」2017年

e0138627_14281939.jpg
「祈願」2012年
下は部分
e0138627_23274281.jpg
e0138627_14284736.jpg
「ハルさんの祈り」2017年
e0138627_23201856.jpg
e0138627_14320566.jpg
e0138627_14303360.jpg
左・「しんちゃんの視線」2017.6.26のサイン
モデルは木下家の木下しんさん
右・絵本『森のパンダ』にも登場する人物
e0138627_23330378.jpg
関連販売書籍
いろいろ
e0138627_23341237.jpg
木下さんがサインをしてくださいます。
つぎの在廊日は、最終日の7/10。
新潟絵屋での前回の個展は2003年でした。
懐かしいアルバムを開いて振り返ったりも
e0138627_23204554.jpg
上・今回と2003年のスナップ
下・2003年1月の木下晋展スナップ写真より
e0138627_23212664.jpg

今回の出品作のうち次の2点は旧作です。
e0138627_14325933.jpg
「アロエ」1989年
e0138627_14272915.jpg
e0138627_14341945.jpg
「樹三体」(部分)1990年

家具職人で絵屋のメンバーの伊藤信行が、小さい穴から覗くとよく見える、と節穴が開いた木片を置いていきました。
e0138627_14295489.jpg
e0138627_15221778.jpg
e0138627_15374772.jpg
「美しき遵奉」
e0138627_15383503.jpg
e0138627_15330444.jpg
「光へ」部分 (モデル:桜井哲夫
木下さんの絵の切り取り方は独特です。
近影を撮るのに、このように撮りましたが、すこし戻って全体を見てみてください。
e0138627_15502543.jpg
(I)

[PR]
by niigata-eya | 2017-07-03 23:18 | 今月の土壁