自己宙に潜る【梅田恭子展 ツブノヒトツヒトツ】

ついでにもう一つ図の話をしましょう。

…この上のほうは陽性、あるいは世間的には積極性と言ってもいい。

外向的で、自意識が強く働く世界です。ラインの下側はそれとは逆の陰性の世界。

消極性であり内向的で、こちらはいわば無意識につながりがちとも言える。

この両方は誰の中にもあるんです。どっちが優勢かというだけです。



社会に出て会社なんかの組織に入ると、一般的にはこの上のほうの性質が尊重される、というか奨励されるでしょう。

「お前、もっと人と付き合えよ」とか「もっと陽気に、活動的にやろうじゃないか」
とかね。

ふつうどんな人間にも陰性と陽性と両方あるんです。ふだんは…はっきりと理解したり、自覚したりはしないだけなんですね。

なぜかというと、社会に出て働いている時期には、たいてい意識は外に向いているからです。

他人にどう思われているのかとか、こうしたら徳になってこうしたら損をするとか、自意識が外に向いているのが普通なんですね。



ところがどんな人でも、たまには自分一人でいたいなと思うときがあったりする。

あるいはたまには自然のなかに一人入ってみたいとかね。

そういうときには心の下の部分が働いているんです。

それを無理やりずうっと押し殺していたりすると、心がアンバランスに陥ってノイローゼになったりするんですね。

この上と下というのはどちらが良い悪いではない、バランスの問題なんですよ。…

―引用『タオにつながる』2003年,加島祥三



砂丘館でとりあげる作家や作品に、ある一つの方向性があると気づいたのはいつの頃だろうか。

ずいぶん前のことになるので忘れてしまったけれど、

うまく言語に直すことができるのだとしたら、きっと上に述べられているような<内向性=無意識>を主体としたものなのだろう。


そのような、ひとりひとりが過ごす世界・時間のことを、梅田恭子さんは「自己宙」と呼んだ。
e0138627_08590567.jpg





e0138627_09002780.jpg





ひとりひとりの人間の存在は「粒」。

昨年、砂丘館で開催した梅田恭子展「ツブノヒトツヒトツ」はその、梅田さんという「粒」のサンプルなのだという。



自己の中の奥深くとつながること。

そこを開かされるような発見や探求を、どのような形でか、目に見える作品や事象にあらわす事。



時代や場所も超えて、奥深くでつながれるような作品は、

奥深くへ潜った場所からしか生まれて来ない。


―そのようなことを、梅田恭子さんの「自己宙」という言葉と、

ツブノヒトツヒトツという作品に出あってからこの一年、ずっと考え続けていた。

e0138627_09001472.jpg

e0138627_08594357.jpg




e0138627_06064423.jpg


e0138627_06065480.jpg


e0138627_06082324.jpg




e0138627_06081229.jpg


砂丘館の個展までは、具体的なタイトルの作品も、
抽象のかたちで描いてきた梅田さんが、

今年の新潟絵屋の展覧会では、具象画を描いている。



e0138627_06083242.jpg



梅田さんにはあの個展のあと、どのような変化があったのだろう。

梅田さんのあたらしい世界にまた会える。

(小)



【終了しました】梅田恭子展 ツブノヒトツヒトツ
2016年 2月16日(火)~3月21日(月・休)
9時~21時 休館日:月曜日(3/21は開館)
会場:砂丘館ギャラリー(蔵)+一階全室
主催・会場:砂丘館


[PR]
by niigata-eya | 2017-03-25 09:20 | 砂丘館