新潟絵屋と新潟市こども創造センター

e0138627_14291003.jpg


2月19日

新潟市こども創造センター・新潟絵屋の連携事業「コケ庭〜陶器と苔で作る小さな庭」の一回目を無事開催しました。

一回目の講師は、佐渡城南窯の池田早季恵さん。
おおまかには、
○平らにした土から四角い器を作る
○石膏型から抜いた動物をひとり4体ずつ、かおや模様を描く
という作業で、5〜14才のこどもたち、約20人が参加してくれました。

e0138627_14293599.jpg

はじめの工程で、型紙を目安に、土を約8mmの厚みで平らにのばします。
小さい子は、土の塊を平らにしていくのにも苦労しますが、次第に力の入れ方を見つけ、少しずつ低く、平らにできました。
高学年の子は精度を追求し、時間をかけ、表面の平らたさや輪郭にこだわりました。
器や人形に、池田さんオリジナルの文様をスタンプしたり、線描したり、手を加えるほどに、こどもたちの意欲が高まっていきました。
その姿の素敵なことと造形の面白いこと。お手伝いに喜びがあります。

e0138627_14300824.jpg

こどもたちが自由に制作できるよう、内容の組み立てや進行やサポートについて、いつも適切にアドバイスをしてくださるのが、新潟市こども創造センターの方々です。


こどもたちが帰ってから、池田さんは鉢と人形の底辺に穴を開ける作業です。

e0138627_14312075.jpg

e0138627_14304331.jpg

作品は乾燥させ、新潟市こども創造センターの窯で焼きます。
白土を使いました。
どんな焼き上がりになるでしょうか。
e0138627_14310630.jpg
二回目は、この器に苔を植え込み、石を添え、砂を敷き、お庭を作ります。
今日は、苔庭作りの講師・角谷絵里子さんや長岡造形大学3年生の学生さんもお手伝いしてくださいました。
e0138627_14355886.jpg
この機会にお揃いのTシャツを作っていた講師のおふたり。
e0138627_14340549.jpg
鉢づくりの立役者。箱とスポンジ。

2016年5月 池田早季恵「陶と苔」展 
2012年5月 池田早季恵「陶と縁起物」展
2010年5月 池田早季恵「陶の動物園」展 








[PR]