2016.3①小島ガラン日本画展

3/2-10
新潟絵屋の入口は土壁からはじまります。
土は天然素材ですが、日本画の画材もまた天然素材。
鉱石や貝などからいろを借りているのです。
e0138627_20531758.jpg

入口はこんな風にはじまります。
今回は「山」。
e0138627_20554910.jpg

e0138627_205640100.jpg

e0138627_2057213.jpg

「不二」の連作。
カウンターの左とカウンターの奥は「妙高山」。
e0138627_20581866.jpg

e0138627_20585676.jpg

スイスの山。
e0138627_20591554.jpg

鉱物からできた日本画独特の色合い、質感が美しくて、大きな作品は額装せずに展示させていただきました。
空や雲、山裾のすがたに、山のイメージが深められています。
「これだけですか?」と言われることもあります。点数は11点と多くはありません。
あっても見なければないようなもの、見つめれば深く分け入ることができるのが、絵の魅力です。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2016-03-08 21:03 | 今月の土壁