2014.3③パリの書店より 林哲夫展 

3/22〜30
e0138627_13453380.jpg

e0138627_1346121.jpg

▽水彩
書店がある街角の風景。
なんと絵になる風景であろう!
e0138627_13462916.jpg

▽油彩
絵を眺めながら、風景に立ち止まった林さんが重なる。
e0138627_13472095.jpg

e0138627_1348128.jpg

▲左:「マレの少女」(2014年) 右:「たける」(1982年)
少女のペン画はポストカード(6枚綴り500円)にもなっており、現在、林さんのブログでプロフィール画像になっている。
「たける」は32年前の作品。
近作と並べてみると、いい異質感がある。
土壁のふたりが交わす会話を想像するのもたのしい。

ほかに、窓、扉、雲、ぶどうなども。
e0138627_1511013.jpg

今回、コラージュも多数展示している。
さまざまな年代の、国内外の印刷物(絵や文字)や布を素材に制作したもの。

□お知らせ□
「林哲夫展」は、終了後、北書店に巡回します。
→ 4/1〜30 
「パリの書店」シリーズから数点セレクトし、新潟絵屋では展示しなかった「読む人」のシリーズを展示します。会期中、北書店は4周年を迎えるそうです!

林さん、そろそろ京都に戻られた頃でしょうか?新潟記、たのしみにしております。
(I)
[PR]
by niigata-eya | 2014-03-25 15:25 | 今月の土壁