華雪書展「人とひと」

室礼-シツライ-は、岩室温泉(西蒲区)のイタリアンレストラン・灯りの食邸KOKAJIYAさんの2階にある。
ここで、Bricoleさんと華雪さんの書の展覧会を企画した。

<華雪さんの言葉ヨリ>

「室礼」とは、ひとを迎える場所を整えることと教わった。
けれど、人が〈ひと〉のために用意できるものなんてあるのかと思った。

ひとと〈ひと〉、ひらがなの〈ひと〉の後ろにことばを加えてみる。
ひとり、ひとつ、ひととき、ひとしい、ひとびと―
こうして〈ひと〉からあらわれたことばを読んでいると、ひとは場所を整え、
気持ちのあらわれをかたちにして加えて飾り、
そうして心を尽くしているのかもしれない。
そんなことを思った。

e0138627_1563151.jpg



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

◆参加型ワークショップ/「花」を書く◆

書家・華雪さんをゲストに、
「誰かのための場所をしつらえること」をテーマに
「花」という文字を書きます

日時:11月3日(日・祝)11:30〜14:30まで(お昼休憩あり)    
定員:10人
参加費:2,000円(材料費込)
   +1,000円でKOKAJIYA特製おにぎりランチBOX付 ※要申込

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
◆書のライブパフォーマンス/しつらえる◆

展示場所名である「室礼」にちなみ、
小鍛冶屋へのしつらいを華雪さんが書で表現します

日時:11月3日(日・祝)16:00〜17:30
定員:30人
参加費:1,000円(ソフトドリンク込)
※パフォーマンス後のディナーは要予約

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by niigata-eya | 2013-10-23 15:42