「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
8/21-30
長らくアンコールワットの遺跡・記録写真で活躍されてきたBAKU斉藤さんの、夢をイメージして手掛けた約30年前の未発表シリーズを展示しています。
e0138627_16521898.jpg

e0138627_16523210.jpg

CGではありません。
e0138627_16525645.jpg

e0138627_16531059.jpg

8/21 トークイベント
中央・BAKU斉藤さん 右・企画 大倉宏
e0138627_16542275.jpg

次に記すのは、BAKUさん自身のことばです。

 「視覚言語の具現化の旅」

 ある日、映像の無いイメージが派生した。日増しに頭の中は、映像を求め始め、急かされるように次元の旅に出る。そして、そこでドラマが生まれ出逢い、その情景を瞬時に銀盤に固定化する。
 写真は出逢いの記録。突然に触発されたイマジネーションが、沸騰し湧き出でる。
その情景に出逢った私は、シャッターを切る。その後、映像は消滅する。
 原始体験に裏付けされた『胎児の夢』にノスタルジアや死生観が、誘発され生きていることを実感する。この作品はデジャ・ビュの記録である。
 1984年から始めた撮影方式。大型フィルムカメラ使用、ワンショットでまとめた作品です。
 (BAKU斉藤)

前回の新潟絵屋での個展がいまから7年前でした。
そのときも今回も、斎藤健一さんによる詩(字も)が作品に添えられています。
今回は「日輪」「陸地」の二篇。。
画像に目を凝らしてみてください。

斎藤健一さんは、詩も、写真も、感じればいいんだがね、とつぶやいています。
BAKUさんとわたし、うなずきました。
30日まで、BAKUさんは毎日画廊にいらっしゃいます。

自然が演出してくれるんだ、というBAKUさんのことばが印象的でした。
(I)
[PR]
# by niigata-eya | 2016-08-26 17:08 | 今月の土壁
8/2-11
e0138627_22215341.jpg

e0138627_22222893.jpg

e0138627_22225668.jpg

e0138627_22232315.jpg

e0138627_2225242.jpg

今回は写真集『Alone Together』(kaya books)に集録されている写真から24点をセレクト。
モノクロ写真は、一部がゼラチンシルバープリント、一部がデジタルアーカイバルピグメントプリントです。
下は、企画者の言葉。
e0138627_22434129.jpg

ミーヨン3冊目の手製写真集『I AND THOU(我と汝)』はカラーです。
そこから3点のみ、今回の展示に加えました。
写真集『よもぎ草子』『Alone Together』『I AND THOU』
を通覧すると、全部がつながっているように思えます。
e0138627_2224527.jpg

e0138627_22243369.jpg

e0138627_22252343.jpg

ミーヨンさんの在廊予定は、8/2(火).3(水).6(土).7(日)です。
8/6は18時からギャラリートーク。申込不要ですので、直接会場へどうぞ!
本日8/3、一旦絵屋を離れ、お仕事に向かわれたミーヨンさん。
6日のお戻りを待っています。 
(I)
[PR]
# by niigata-eya | 2016-08-03 23:02 | 今月の土壁
ミーヨンさんの著書「よもぎ草子」「Alone Together」「いまここにいるよ」「I was born」が入荷しました。
共通するのはどれも励まされる点です。
そこにある写真、そして言葉をみなさんにもお伝えしたいですが、ミーヨンさんが作った本の形で、ぜひ出会っていただきたく差し控えますね。
絵屋での写真展「Alone Together」は、8/2〜11マデ。

先日、長岡のmu-anさんで開催されているミーヨン写真展「よもぎ草子ーあなたはだれですか」(7/30マデ)に行って来ました。初日のトークイベントでソウル生まれのミーヨンさんがいま日本におられる経緯、著書についてなどお聞きしましたが、ミーヨンさんの雰囲気は、不思議と聞いている側をリラックスさせるものでした。お酒みたい?
日本語がまだあまり話せなかったミーヨンさんが日本でカメラマンの事務所になぜだか雇ってもらえたとご本人は仰っていましたが、分かる気がしました。とても魅力的なお方です。
e0138627_1447676.jpg


関連イベント
その1.
こんぴら通りの吉川酒店さんと新潟絵屋とで共同企画する日本酒の会。
通の吉川さんに、新潟県内数有る蔵元からひとつ選んでいただき、その蔵元の日本酒を飲み比べます。
画廊は緊張するという方も多いです。
そんな中、お酒がもつリラックス力で作品鑑賞をたのしんでいただき、作家とのよき交流の場にしたいとこの日本酒の会を企画しています。

今回は、8/2(火)19時〜、Mi-Yeon写真展「Alone Together」展示室で、蔵元は恩田酒造さんをお迎えします。


その2.
ギャラリートークもあります
8/6(土)18:00〜

(I)
[PR]
# by niigata-eya | 2016-07-26 14:49 | SHOP
食べもの、飲みもの、着もの、履(はき)ものという言葉があります。

「みるもの」は「見るもの」。

私たちの周囲は「見えるもの」でできています。「見えるもの」は、それだけでは、まだ「みるもの」ではありません。花を見、何かを感じた時、花は「みるもの」になります。
感じが「いい感じ」なら、それは「いいみるもの」。(「いい」は「きれい」「ここちよい」「おもしろい」という以上の意味を含んでいます。)
「美術」とは「いい見るもの」 となるべく、人の作る「みるもの」のこと。
「いいみるもの」には、場所を「よいところ」 にする力があります。(「よい」は「調和している」と「合っている」「いい雰囲気だ」という以上の意味を含んでいます。)

いい「みるもの」とよい「ところ」。それらを「いい」と感じる 「わたし」が歩いたレポートです。
[PR]
# by niigata-eya | 2016-07-25 13:24
7/22-30
e0138627_1613834.jpg

e0138627_162217.jpg

e0138627_162171.jpg

7/22 
初日は19時からギャラリートークでした。
「赤毛のアン」や家族のことなど絵が生まれる背景をさまざまお聞きして、変さ値の分析をしました。
マンガ、アニメーション、美術への興味、探究心が、翠さんのなかで絶妙なバランスでブレンドされて、独特の変さ値の高さをキープしています。
短編映像作品も上映しました。
e0138627_1623924.jpg

翠さんは世界各地の小物、置物、人形、etc…をコレクションされていて、それらが絵に登場します。
一方、人物画も多いです。
以前、お勤めしている会社のボウリング大会を描かれたことがありました。
今回もさまざまな人々が訪ねてくださいましたが、もしかしたら意外なときを、翠さんが絵にすることがあるかもしれません。
e0138627_1625063.jpg

こちらも思い出からの一幅。
「パリのお母さん」
e0138627_17235064.jpg

(I)
[PR]
# by niigata-eya | 2016-07-24 17:01 | 今月の土壁