食べもの、飲みもの、着もの、履(はき)ものという言葉があります。

「みるもの」は「見るもの」。

私たちの周囲は「見えるもの」でできています。「見えるもの」は、それだけでは、まだ「みるもの」ではありません。花を見、何かを感じた時、花は「みるもの」になります。
感じが「いい感じ」なら、それは「いいみるもの」。(「いい」は「きれい」「ここちよい」「おもしろい」という以上の意味を含んでいます。)
「美術」とは「いい見るもの」 となるべく、人の作る「みるもの」のこと。
「いいみるもの」には、場所を「よいところ」 にする力があります。(「よい」は「調和している」と「合っている」「いい雰囲気だ」という以上の意味を含んでいます。)

いい「みるもの」とよい「ところ」。それらを「いい」と感じる 「わたし」が歩いたレポートです。
[PR]
# by niigata-eya | 2016-11-25 17:54


11/22-30
e0138627_17470287.jpg
e0138627_17471945.jpg
e0138627_17475455.jpg
e0138627_17473559.jpg

前回のようす。
変化してます。

[PR]
# by niigata-eya | 2016-11-25 17:49 | 今月の土壁
11/12-20

e0138627_17242423.jpg
e0138627_17235727.jpg
色鉛筆で描いた2016年の新作を、描いた順でたんたんと。
約30点は、2016年5月〜10月に制作されたものの中から選ばれました。
e0138627_17245872.jpg
e0138627_17251667.jpg
e0138627_17233856.jpg
ひとつずつを眺め、空間を歩きながら、泳いでいるような浮かんでいるような、不思議な心地に誘われました。

泉谷さんが絵画教室をはじめて35年。
教室に通っておられる方、通っておられたという方、ご友人、ご家族などなど、多数訪ねてくださって連日賑やかな時間が流れました。

泉谷さんの先生である長谷川徹さんも見にいらっしゃっいました。
e0138627_17223888.jpg
前回の個展のようす。
2013年2月



[PR]
# by niigata-eya | 2016-11-25 17:42 | 今月の土壁

11/2-10
e0138627_14383409.jpg
土壁の前
「夢おくり 常夜灯」2016年 木彫 キハダ・トチ

e0138627_14403715.jpg
↑ゆめのいただき
2016年 木彫 くす・とち
e0138627_14381944.jpg
e0138627_14382745.jpg
↑アルバ
2006年 テラコッタ 
e0138627_14402453.jpg
e0138627_14400002.jpg
↑つかのまの庭
2015年 木彫 くす

e0138627_14393308.jpg
↑夢おくり 命の木
2016年 木彫 ひめこまつ
e0138627_14390291.jpg
↑トレイ カッティングボード スプーン立て スプーン ジャムナイフなども
e0138627_14391364.jpg
e0138627_15012624.jpg
風の音に リュート
2016年 ヒメコマツ
e0138627_15001843.jpg
e0138627_15004327.jpg
↑風の音に 書物
2016年 ヒメコマツ
e0138627_15000210.jpg
夢おくり リング
手前 ライオンペーパーナイフ
e0138627_15250751.jpg
e0138627_15010581.jpg
書見台や鉢も

e0138627_15011863.jpg
↑Distance レリーフ
ブロンズ
e0138627_15005360.jpg
絵屋の空気が澄んで感じられた、という声がありました。
気持ちが不思議としずまる気もするのです。
(I)








[PR]
# by niigata-eya | 2016-11-04 15:45 | 今月の土壁
今年、新潟絵屋は新しいリーフレットを作りました。
e0138627_14314190.jpg
e0138627_14262018.jpg

ここにどうしても入れたかった写真が、見開きのこの一枚。
絵を見ている姿からにじみ出ているものがありました。
今日はお母さんとご一緒に、
e0138627_13572769.jpg
e0138627_14062712.jpg
e0138627_13575746.jpg
ゆっくり、見て下さいました。
絵を見るひとがつくる景色、毎日いろいろ。
ピーター・ミラー 白石ちえこ展の絵屋にて。
(I)

[PR]